blog index

博多ざ・んまい【おぼえ書き】

博多座観劇お役立ちサイト【博多ざ・んまい】の観劇レポートを【おぼえ書き】ページとしてこちらのブログにUPしています。

※記事、写真、イラストに関する全ての転用を禁止します
四国こんぴら歌舞伎大芝居・夜の部 【金丸座】
大袈裟でなく十年来の…念願の“金丸座・初遠征”です。
「いつかは行きたいなぁ〜」と思いつつも【観たい役者】×【観たい演目】がなかなか合致する事がなく、今まで遠征を見送っていましたが、今年は翫雀さん×壱太郎くん親子が御出演。 しかも壱くんが【浮世風呂】のなめくじ、とあらば「第26回にして、ついに行く時が来た〜っ!!!」 演目も【敵討天下茶屋聚】と聞いて嬉々としましたが…残念!元右衛門と片岡造酒守の二役は初役で亀治郎さんなんだ…。 2007年の浪花花形歌舞伎での好演がすごく記憶に残っているので、また翫雀さんで観たかったのに〜。

熊本県山鹿市・八千代座(明治43年建築=1910年)は何度も訪れて“江戸時代の芝居小屋での観劇体験”はしていますが、金丸座は現存する日本最古の芝居小屋(天保6年建築=1835年)という事で更に古い歴史と趣きのある小屋。 基本的な造りは八千代座と大差ナイ印象を受けましたが、桟敷の枠は…やっぱりちょっと小さいかな? 開演前や幕間に小屋を観て回るのも楽しい♪ 今年デビューのこんぴら歌舞伎大芝居のマスコットキャラクター“こんぴークン”も小屋前にてお客様をお出迎え。 芝居中にウグイスの鳴き声や雨音など屋外の音も風流に聞こえてくる不思議


お茶 通し狂言・敵討天下茶屋聚
こんぴら歌舞伎で通し狂言がかかるのは珍しい事のようですね? 猿之助さん演出で初役の亀治郎さん@元右衛門“澤瀉屋DNA”をいかんなく発揮している印象。 桟敷席に飛び込んで追っ手の目から隠れたり、梯子をかけて2階客席に上り逃げ回ったり…と、所狭しと駆け回る金丸座ならではの演出に客席がやんややんやと沸く、沸く〜☆ 個人的には…亀治郎さんの元右衛門は愛嬌よりも、したたかで飄々とした人物像に作っていた印象。 いきなり非情な様をさらしても意外性は少ない。 なんか…表情が小憎らしいんだもの。 「かたじけない、かたじけない、かたじけない…」ってこの連呼はいつも思うけど、ホント猿之助さんソックリ☆
続きを読む >>
| akko-3 | その他観劇おぼえ書き | 15:00 | - | - | pookmark |
薔薇とサムライ 【赤坂ACTシアター】
劇団☆新感線30周年興行の第一弾! 新感線RX【薔薇とサムライ〜GoemonRock OverDrive】。 2008年夏に上演された【五右衛門ロック】のパラレルストーリーとなる今作品は、【阿修羅城の瞳】以来7年振りの客演となる天海祐希さんを迎え、古田新太さんとの二枚看板でドカ〜ンと大きな花火を打ち上げるごとく、劇団の魅力をあますところなく盛り沢山に盛り込んだ痛快冒険活劇?!

今回のLEDスクリーン…というのかな? ここまでの多用は【TOMMY】で観て以来ですが、すごく苦手意識があったので、冒頭構えてしまったのですが…あれ以降、技術も性能もUPしているんでしょうね! 色の再現や奥行きも感じられ上手〜く使っていて楽しめました。 大道具といえるセットは船の船首と船尾、ドレスの山くらいで、後の殆どはすべてLEDスクリーンで表現。 ツボだったのは五右衛門ロックのメインテーマ曲の“五右衛門マン”?的なキャラクターと(あれキャラクターグッズとして作ればイイのに)マンガの擬音、擬態語、視覚効果が面白かった! 映像で歌詞を映し出すのはお馴染みですが、カラオケ映像チックに歌詞が出たり、歌や声質、歌の内容に合わせて書体も変え横書きだったり、縦書きだったり〜♪ そして客席ドア〜通路を使用する際には『LIVE映像○○扉付近』とハンディカメラ映像が映し出させる演出には大爆笑☆
毎度ですが、芝居のタイトルロゴのデザインはカッコイイなぁ〜♪


バラ 天海祐希さん@アンヌ・ザ・トルネード
阿修羅…から7年も経っていたとは!と驚きながら当時の観劇の記憶を辿ると「天海さん仕様で歌とダンスがチラッと加味」「綺麗カッコイイなぁ〜」という印象は残っているものの、“和物+殺陣”という事で市川染五郎さんの印象が圧倒的に強く、ヴィジュアル以外に今ひとつ記憶に鮮明には残ってなかったのですが…今回は『天海祐希ここにあり!』的な圧倒的な存在として君臨☆ アテ書きなので彼女の魅力をあますところなくフルスロットルで堪能できる今舞台は、大仰な衣装で歌い踊る様に宝塚時代の彼女の舞台姿を知っている方は感涙ものでしょうし、シリアス〜コミカルをあの端麗な容姿でスパッと潔く立ち廻る様に『“主役の華”ってこ〜ゆ〜事なんだな☆』と納得させられ、グイグイと引き込まれる感じ。 あまりのカッコ良さに「惚れてしまうやないか〜い!」と突っ込みたくなるような…宝塚ファンの心理がちょっと解ったような、そんな感じです。 観た事ナイ私でさえ、オスカルちっくな出で立ちには「おぉ〜っ♪」と大興奮(ヅカ時代、オスカル未経験らしい…)で、とにかく取っ替え引っ替えの“コスプレ天海祐希”は目にも楽しい。 しかし【貴婦人になるための10ヵ条】だけは、矢島美容室のストロベリー(=貴さん)に見えてしまった事は内緒汗(カツラのせいよ!きっと)。 歌は、阿修羅…でチラッと聴いた時に「あら〜?残念な感じ?」という印象だったのですが、地声のドスを効かせてガラっぱちに歌うのも、ミュージカル風に綺麗に歌い上げるのも…上手くてビックリ! 十字架に貼付けられての独唱【あなたが泣いてくれたから】(だっけ?)は神々しい感じさえあり聴き惚れました♪
続きを読む >>
| akko-3 | その他観劇おぼえ書き | 12:30 | - | - | pookmark |
染模様恩愛御書 【日生劇場】
日生劇場で歌舞伎公演を観るのは私、初めてです。 ちゃんと花道もあって、しかも三階席からでも七三どころか六四くらいまで見えるし…すっごく観やすいですね! 歌舞伎座がお休みになったら、日生劇場での公演も今以上に増えるかも?ですね。 

平成18年10月松竹座公演を観ましたが、再演まで4年もかかったとは意外でした(好評だったのですぐに再演されるかと)。 その分、薄れつつある当時の観劇記憶の紐解きと改訂された箇所もあるであろう発見を楽しみに観劇。 今回、松竹は今公演の特設サイトまで作る力の入れよう。 宣伝写真はお名前を見てやっぱり!な劇団☆新感線公演でお馴染みの野波浩さん。 私、野波さんの作品大好きなんです♪ しかし開幕前に“段治郎さん休演→門之助さん”との発表がありガッカリ…涙。 細川越中守は予想外に懐の深い、どっしりと構えた貫禄あるお殿様で好演だったので、今好演で再会できる事をめちゃめちゃ喜んだのに〜。 ダンジロさん、舞台復帰のその日を首を長〜くしてお待ちしてますから! 先月、博多座公演を休演された猿弥さんは予定通りの御出演でホッ。

舞台は松竹座より奥行きがあるのでしょうか? 左右袖から階段状の櫓の基本的セットの構造は変わらずも、前回より役者の動線が豊かで場面転換もスムースな印象+バリエーションが感じられました。 シーンのイメージを補う杜若畑がカーテン越しに奥に広がりを見せ、浅草寺や赤八門はカーテンに描かれて奥に配し上手く空間を切り取って場の説明がスムースな印象。 照明デザインもまたしかり! 障子の格子のシルエットで屋内を、木々のシルエットで屋外を…等々、板の上でも花道でも情景表現に一役。 印象的だったのは、舞台(数馬):花道(友右衛門)=青:赤の照明でキッパリと分けて照らし出した所。 二人の気持ちを表していたのでしょう…ね? 鮮やかで綺麗だったなぁ〜。
大詰、火事場のセットは大幅にパワーアップ☆していたのでは? セットや大音響は劇団☆新感線を彷彿とさせます! 階段落ちは…前もあったっけ? 「銀ちゃん、カッコイイ…(by蒲田行進曲)」って呟きたくなってしまった。 前回大ブーイングだった、腹かっ捌いて臓物を取り出し『肝臓、腎臓、腸…これがホントの勧進帳!』ってのはなくなり、その分、緊迫感のあるド派手な見せ場として成立していた印象
続きを読む >>
| akko-3 | その他観劇おぼえ書き | 11:00 | - | - | pookmark |
コルテオ 【福岡千早・新ビッグトップ】
シルク・ドゥ・ソレイユの公演を観るのは2003年【キダム】、2008年【ドラリオン】に続いて3回目。 毎回その芸術的なパフォーマンスに感動や刺激を受けるので、一度母親にも観せたい!と思い、今公演の【コルテオ】に引っぱって行きました♪

イタリア語で『行列』という意味のこの公演は“道化師の世界の物語”で構成。 円形の客席のセンターを左右に分断する細長い廊下のようなステージが配され、縁者は左右(もしくは前後)に向かってパフォーマンスを展開。 客席奥からゾロゾロ登場する演者たちは行列をなしてステージに上がり、ショーの開幕。
幻想的な夢の世界を具現化してくれる圧倒的なパフォーマンスは今回も期待通り☆ …ではあったものの…個人的には以前観た作品よりも、いささか芝居かがった要素が多く、個別のパフォーマンス自体はインパクトのある目新しいものは乏しかった印象(私感ですよ!あくまでも)

しかしながら、やはり1本の芝居を観ているかのような…根底にストーリーがあって展開される構成や、衣装、ライティングなどは“日常を忘れさせてくれる空間”は『さすがシルク・ドゥ・ソレイユ!』で楽しめました。

特に印象的だったパフォーマンスは“人間空中ブランコ”的な【パライダイス】。 空を舞うパフォーマを屈強なムキムキマンがキャッチするのですが、技が決まる度に『どや!』顔でポーズをきめるのがツボでした。 そして【ボーカル・エアリアル・シルク】。 技としては以前も観たことがあるものでしたが、唄いながらなおかつパフォーマンス、ってのが驚きでした!

一度、舞浜にある常設劇場で観てみたいな。
| akko-3 | その他観劇おぼえ書き | 17:00 | - | - | pookmark |
團十郎が語る 歌舞伎の世界 【アクロス福岡】
九州市民大学、2月の公開講座の講師として十二代目・市川團十郎さんが登壇。 昼夜2回講演のうち、会場となったアクロス福岡のシンフォニーホール、私が参加した夜の部では1階はほぼ満席。 以前、福助さんが講師の時に行って以来二回目の参加となりました。

薄いうぐいす色?のお着物をお召しで登壇の團十郎さん。 「成田屋〜!」と聴講生から大向うもかかりニッコリ♪「この度は息子の海老蔵が婚約をしまして…」という挨拶で会場より拍手でまたしてもニッコリ。 やっぱりなんだか多らかな愛嬌がある…というと失礼ですが、なんか暖かい感じのするお人柄が好きなんだよなぁ〜、團十郎さん。

團十郎が語る 歌舞伎の世界】と題したものでしたが…市川團十郎家を初代〜当代まで『どういう人物でどういう役を得意とした役者だったか』という事を延々と語って終わった…という印象のモノでした〜冷や汗
…なので、公演内容は成田屋の公式サイトに記されている通りなので省略。
要は『役者自身の事を知って歌舞伎を観るとより面白い』って事をおっしゃりたかったのかと汗

とりあえず参加の記録として。
| akko-3 | その他観劇おぼえ書き | 18:00 | - | - | pookmark |
近江飛龍劇団・夜の部 【博多新劇座】
大衆演劇って一度観てみたいと思ってるけど…」と気になりつつも触れる機会がなく…という友人4人を引き連れて、私、4度目の博多新劇座に行ってきました♪

近江飛龍劇団に関しては何の情報もなく、劇場のチラシに掲載されたド派手な拵え写真と『ハイテンションなパフォーマンス!』というキャッチコピーで「これなら“ザ・大衆演劇”を観られそう♪」と観劇を決定!
この劇団自体、博多新劇座での公演が数年振りだそうで、初日の幕が開いた時は「誰?この役者…」というシラ〜ッとした反応と冷たい目だったらしく、それからの奮起で千穐楽間近のこの日は固定客も掴んで“ハイテンション”のコピーに偽りなし!の舞台でした。
とにかくトークやお笑いのセンスがさすが大阪の劇団!ってな感じ。 芝居やショーも“笑いを取ってなんぼ”ってなトークが冴えでしゃべる、しゃべる、しゃべる〜。 少ない団員は若手が多く、座長が大車輪…な劇団である印象。

三部構成で、一部は団員紹介の【舞踏ショー:1】。 男性陣がそろってガッチリムッチリ系で二枚目不在汗、でもって女性陣がヅカ男役のようなクールビューティーが揃ってる…という不思議な団員構成の印象を私は受けました。

二部はお芝居【どぶろくの辰】。 驚いたことに現代劇でした(と、いっても500円が大金の時代だから…昭和初期?) 友人には“ザ・大衆演劇”なチョンマゲ時代劇を見せたかったのでかなり残念でした〜。 ストーリーは山場で働く口は悪いが根はイイ奴の辰が、借金で苦しむ同僚の為に自ら悪者となって発奮させ幸せの手助けをする…という人情芝居。 …面白くナイ。 美佳さんは声が良く“舞台女優”って感じで◎

三部は【舞踏ショー:2】。 やっぱり…座長、副座長の女形が綺麗じゃナイ…ってのは痛いなぁ〜、と。 ま、そこはド派手衣装と演出でカバーなのですが。 大輔さんの赤鬼?は劇団☆新感線っぼいバリバリロックな感じの演出で見応えがありました! 「ん〜、全体的にちょっと微妙だなぁ」と思っていた所に、初日に大好評だったという事でリクエストのあった【飛龍ドラゴン太鼓】で〆。 舞台に居並ぶ団員は和太鼓で脇を固め、センターの座長はドラムセットで叩きまくる圧巻の迫力。 これは凄かった〜♪

大衆演劇というのは劇団によってカラーやその力量が大きく違うものなんだなぁ、と感じた今観劇でした。
| akko-3 | その他観劇おぼえ書き | 16:00 | - | trackbacks(0) | pookmark |
駒田一トークショー 【大野城まどかぴあ】
来年2月にこの会場で上演されるミュージカル【サ・ビ・タ 〜雨が運んだ愛〜】に主演の駒田 一さんのトークショーが開催されましたので行って来ました♪
このイベント告知はものすご〜くひっそりとしかされてませんでしたので、友人からお誘いを受けるまで全く知りませんでした。 それでも小さな会場は満席で、約1時間半、ほとんど笑いっぱなしの楽しい時間で大盛り上がりでした☆

“トークが達者な駒田さん”という事は存知あげていましたが、それ故に司会進行役に回る事が多く「そういえば駒田さんがご自身の事を多く語ってる…って場に遭遇した事ナイなぁ」とイベントが始まってから気が付いた次第。
今回、司会進行役の福岡のフリーMC・小柳有紀さんがほんわかニコニコのナイスキャラで、この方と駒田さんとの掛け合いがなんともイイ! 今までこういったタイプの地元司会者が進行するトークショーに何度も参加した事がありますが、今回が一番イイ! もうこれからのイベント司会は全部小柳さんにお願いすればイイやん!と思ったほど(決して回し者ではありません!)。 ちなみに“こやなぎゆき”ではなく“こやなぎゆうき”だそうです。 ぽっちゃりコロ〜ンな容姿でニコニコまったり〜なキャラで、駒田さんはトークのリズムを度々崩されてカックン!ってなってたのも笑いポイント☆ そして東京から同行されていた東宝プロデューサーも客席からそれとなくトークに参加していたのが、またいと可笑し♪

一昨日、帝劇レミゼの千穐楽を終えたばかりでお疲れもモードとお見受けした駒田さんでしたが「つい先々月は大好きな博多に1ヶ月も居たのに殆どしゃべれなかったから!(=クコール)」と、本日のトークは全開。 ご自身が今現在、ミュージカル俳優としてご活躍される迄に至った経緯に「へぇ〜」。 今年のラ・マンチャでは念願のサンチョ役を得て、節制を心がけ、ひたすら体調管理に気を配られた事に「ほぉ〜」。 “愉快な駒田さん”な一面しか知らなかったもので、すごく貴重な時間でした(実際、東京からの参加のファンの方も!)
東宝ミュージカル?の舞台において“三大司会者”なるものが居るそうで…森公美子、岡幸二郎、駒田一、との事。 そしてこの前の博多座公演において駒田さんが司会回数NO.1の座に輝いたそうです! その記録を知った残る二人は相当悔しがっていたらしい(爆!)

作品の魅力をネタバレしない程度に熱く語る駒田さんでしたが、「とにかく初演時と同じキャストで再演出来る事にすごく嬉しい!」という事とその共演の原田夏希さん、山崎育三郎さんをすごく評価されていたのが印象的でした。
そして私がず〜っと疑問に思っていた【サ・ビ・タ】という言葉の意味は副題にある“雨が運んだ愛”の韓国語の略語なんだそうですね(レ・ミゼラブルをレミゼって言うみたいな)

いや〜、とにかく笑って笑って笑ったトークショーでした。
来年2月の福岡公演、更に楽しみになりました♪
| akko-3 | その他観劇おぼえ書き | 15:00 | - | trackbacks(0) | pookmark |
錦秋文楽公演・昼の部 【国立文楽劇場】
国立文楽劇場開場25周年記念”の公演だそうで、私にとってはこの劇場デビューをした昨年1月末以来の観劇。
どこかの専門学校か?校外学習のようで団体観劇していて客席は賑わってました。 やっぱり大阪では庶民の娯楽としてドッカリと根付いてるんだなぁ…と今回も思わされました。 

13日に第1部と第2部の入れ替えがあり、本日の昼の部は【芦屋道満大内鑑】。 人形が今現在のように“三人遣い”になったのは1734年に上演されたこの【芦屋道満大内鑑】から…だそうで“文楽発祥の地”で、偶然にもその記念碑的な作品を観劇出来るのはラッキー♪
この演目【保名】と【葛の葉】【蘭菊の乱れ】は歌舞伎でも度々観ていますので、その違いが楽しく、またこれらの段並びでは観た事がナイので「なぁ〜るほど!こ〜ゆ〜話に繋がるのか!」という気付きがあり、めっちゃ楽しめました☆

舞踏でしか観たことがナイ【保名】でしたが、その前段というべき【加茂館の段】で、その恋人が榊の前という人で、その人がどういう身の上で、保名を庇って彼の目の前で自害してしまった…故の保名の物狂いとなる下りを初めて知って「そりゃそうなるわなぁ…」と彼の悲しみへの理解が深まりました。 が!榊の前にそっくりその妹・葛の葉姫の出現に、速攻で恋仲になる〜という変わり身の早さに驚き、涙が引く〜。 葛の葉姫も姫だよっ! 保名の髪型は落ち武者のように垂らしたものでなく、ちゃんと結ってあるタイプなんですね。

葛の葉子別れの段】では文雀さんの女房・葛の葉〜白狐が素晴らしかった! 人形ならではの変身ぶりは歌舞伎との違いが更に楽しく、狐の動きが機敏ながらも悲しみをたたえている表情(に見える!)で、人間も動物も親子の情愛に違いはナイんだなぁ…と感動させられます。 筋書きの…文雀さんが語る“狐の扱い方”が興味深かったです〜♪
歌舞伎では『恋しくばたずね来てみよいづみなる信田の森のうらみ葛の葉』は曲書きで見せ場のひとつなので、文楽ではどういう工夫なんだろう?と思っていたら…呆気なかったッス汗汗汗

通しで観れて「前後が判って全体がガッテン!」となった嬉しい観劇でした。
| akko-3 | その他観劇おぼえ書き | 11:00 | - | trackbacks(0) | pookmark |
蛮幽鬼 【梅田芸術劇場メインホール】
上演が発表された時は「猛烈に観たい!」けどあまりにも発表が前過ぎて、上演時の自分の状況が全く読めず、見送り…先に始まった東京公演の評判も悲しくなるので、目に触れないようにしていました。 が!幸運にも大阪公演のチケットをオペラグラスいらずの、花横(花道があったらね)という素晴らしいお席をGETする事が出来まして急遽遠征!

情報シャットアウトで辛抱強くゲキシネ公開まで待つつもりだった故に、公演パンフレットで開演直前に「あ〜“岩窟王”がベースになってるんだぁ」と知った次第。 パンフレットに、いのうえさんが書かれているNHK【日本巌窟王】(1979年放映)って当時、ウチの家族は夢中で観てましたっ! ホントにものすご〜く面白かった!! 主演の草刈正雄さんよりも、“激しいキザ男”を演じていた志垣太郎さんが我が家では大人気で、当時“キザマン”とあだ名して毎週放映を楽しみにしてました…懐かしかぁ〜♪

舞台観劇が叶わなかった【五右衛門ロック】を先日ゲキシネで観た時「客演が多すぎると新感線の役者さんたちの出番が削られて消化不良になるなぁ〜」と思いました。 客演役者に見所を個々に与える為か?なんかすご〜く散漫な印象が強く、生で観たら違ったのかも?…ですが、そんな感じでひどく残念だったので、今作品もその事をちょっと危惧しての観劇だったのですが…そんな心配は不要の面白さでしたっ!! 大好きな、じゅんさんも右近さんもまことさんも適材適所、見所も相応にあって◎

開幕前にスクリーンに映し出される文字は…【蛮記】→【蛮記】→【蛮記】と幕が上がる前に次第に変わっていくんですね。 ロビーにあったブロンズ像?も開演前は顔にマスクが…で、幕間にはそのマスクが取れて…と細かな演出も面白い!って、あの像自体は舞台には出てこないんですね。 土門のイメージ像なのかしら??? 幕が上がる前からテンション↑↑↑な仕掛けもウマイなぁ〜。

まずは客演陣の感想から…。
堺雅人さん、稲森いずみさんは私、生の舞台では私、初めて拝見。♪
続きを読む >>
| akko-3 | その他観劇おぼえ書き | 18:00 | - | - | pookmark |
橘菊太郎劇団・昼の部 【博多新劇座】
私が大衆演劇観劇デビューしたのは2007年夏。 その時の劇団がこの【橘菊太郎劇団】で、それ以来のこの博多新劇座での劇団公演(多分…)。
初めて観た!と言う事で強烈な印象が残っていたのが一番の原因ですが、森山未来、坂東亀寿、市川染五郎…に、顔や雰囲気、声が似てる!(と勝手に思って観劇中に大盛り上がり)団員さんが居て「また観たい☆」と思っていた劇団でしたので、楽しみに観劇♪

久々の博多新劇座は開場前からディープな雰囲気が漂い「そう!そう!この感じ♪」と観劇前からテンションが上がる〜☆
客席は桟敷を含めて満席で、おばちゃん達の笑い声もドッカン!ドッカン! まるで通販番組や海外ドラマの“笑い屋”か?ってな笑い声がリアルで聞ける空間って…そうそうナイですもん。
続きを読む >>
| akko-3 | その他観劇おぼえ書き | 12:00 | - | - | pookmark |
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>



点取り占いブログパーツ




bolg index このページの先頭へ