blog index

博多ざ・んまい【おぼえ書き】

博多座観劇お役立ちサイト【博多ざ・んまい】の観劇レポートを【おぼえ書き】ページとしてこちらのブログにUPしています。

※記事、写真、イラストに関する全ての転用を禁止します
<< 美女と野獣(3)【広島・ALSOKホール】 | main | 三月大歌舞伎・昼の部 【歌舞伎座】 >>
三月大歌舞伎・夜の部 【歌舞伎座】
坂田藤十郎と市川團十郎という大名跡が、歌舞伎の歴史上初めて江戸で同じ舞台に!』という事で話題となった今月歌舞伎座公演。 昼の部【一谷嫩軍記 陣門・組打】と夜の部【京鹿子娘道成寺】がその共演の舞台。 前楽と千穐楽に観劇出来ました♪


強風 鈴ヶ森
え〜っと…前日まで今回の江戸上がりの為に片付けておかなくてはいけない仕事で、バタバタしてたうえ、早朝上京で「これは絶対ヤバイな…」と思っていたら、案の定…気絶(殆ど全篇)。 元々、暗いし雲助は汚いし〜、で苦手な演目なのですが汗

芝翫さん@白井権八は…御年80才ながら17才の前髪の男子を演じる…とは歌舞伎ならでは!ですよね〜。 女形さんがこのお役をされる時の着流しは鶸色が多いと思うのですが、芝翫さんが黒だったのは意外。 そういえば芝翫さんは口上の時は立役の正装ですよね。 元々のお名前からの由来によるものなのでしょうか? この辺りがまだまだ勉強不足な私です汗
  
段四郎さん@飛脚早助(段四郎さんの韋駄天走りが観れるなんて♪)、左團次さん@東海の勘蔵彦三郎さん@北海の熊六という豪華な配役…なのに私は観ていない。 情けない…悲しい 富十郎さん@幡随院長兵衛の「お若けぇ〜の、待たっせぇ〜やし!」は、さぞ耳に心地よかったかと〜(聞けてナイ私)


桜 京鹿子娘道成寺
坂田藤十郎喜寿記念』と銘打った今公演。 実は…6月の博多座でも観れる事を観劇後に気がつきました〜汗 只今、桜が満開のお江戸。 やっぱり季節に合った演目が観れる…ってのはイイですね♪(真夏に【紅葉狩】とか拷問に近いものが〜)

ゾロゾロと登場の所化は豪華総勢22名。 翫雀さんとご長男の壱太郎くん扇雀さんとご長男の虎之助くん…と山城屋さんをもり立てる成駒屋ファミリー大集合で、さぞ藤十郎さんも嬉しいことかと♪ “まいづくし”で頑張る虎之助くんの背後でニコニコと心配そうに見守る翫雀さん、このツーショットが激しくツボでした☆ その翫雀さん「あの白拍子はそこもとに似ているような…」と所化仲間に言われて「自分でも鏡を見ているような…」とは爆笑♪

藤十郎さん@白拍子花子は…ご覧になった方、皆さんそう思われたと思うのですが「あの若さに改めてビックリ!」 なんなんでしょうか?あの若さは! 花道で化粧直しをして…その餅紙を捨てる(客席のお客様へ投げる=プレゼント)という趣向は初めて見たような? 2006年7月の松竹座で拝見した時のお着物もお召しでしたが、今回…多分初めて拝見した感のある、黄色地の火炎太鼓柄! これがすっごく素敵☆ 手拭い撒きは後に所化'sも手伝って出血大サービス。 最後は三段ではなく二段で…これは女形だから、という配慮との事で驚かされました。

花四天の花道での“とうづくし”で「今日は私の誕生日、これほんトウ!」と言った方はどなただったんでしょうか? 笑いをこらえているお囃子方の表情を見るのも楽しかったです〜。後ろ姿             
團十郎さん@大館左馬五郎照秀が押戻しで華を添えます! やっぱり成田屋さんは隈がホント似合うなぁ〜(綺麗だし)と錦絵のような役者ぶりを堪能。 しかしあのヅラ、後ろ姿が間抜けで笑えました〜♪ 


熱燗 江戸育お祭佐七
初めて観て…あまりの後味の悪さに、夜の部はど〜んよりと帰路に着きました汗 世話狂言の名作との事ですが、どの辺りがウケている演目なんでしょう?

時蔵さん@芸者小糸の出のあのお着物! も〜う、なんてお似合いなんでしょう♪ 私、女形さんの中で芸者姿が一番粋でピカイチ素敵と思っているのが時蔵さんなんですが、この千鳥模様の留紺色のお着物は絶品でした☆ 美しい…。

踊り屋台での出し物【お軽勘平】では、芝のぶさん@お軽! 思いもかけない嬉しいお役にテンションが上がりまして…私、舞台写真お買い上げ。 なんて可愛いんだ芝のぶちゃん♪(鷺坂判内はどなただったんでしょう?)

團蔵さん@倉田伴平って…こ〜ゆ〜イヤな奴を演らせたら團蔵さんの右に出る者は居ないんじゃないかしら?と思うほどの今回もハマり役。
家橘さん@おてつは不気味な怖さが漂っていて怪演! あの…前髪の一部をねじって後ろに結わえているヅラって初めて見ました。 不思議な髪型〜。
仁左衛門さん@鳶頭勘右衛門は、ご出演を全く知らなかったので「あら、あのカッコイイ人は?」と出にビックリ〜。 なんかすごく裏がありそうに見えたのですが…そのまんまでしたネ汗

菊五郎さん@お祭佐七は、今回初役との事。 「てやんでぇ!べらぽうめぇ!」「火事と喧嘩は江戸の花」ってな粋な江戸っ子風情は充分でしたが、それ故のあのラストは…どうよ? 家に返したばかりの小糸をすぐさま迎えに行くのは格好悪いなぁ〜けど〜と散々迷う様がなんともチャーミング♪
| akko-3 | 歌舞伎座おぼえ書き | 16:30 | - | trackbacks(0) | pookmark |
この記事のトラックバックURL
http://blog.hakatazanmai.net/trackback/858651
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>



点取り占いブログパーツ




bolg index このページの先頭へ