blog index

博多ざ・んまい【おぼえ書き】

博多座観劇お役立ちサイト【博多ざ・んまい】の観劇レポートを【おぼえ書き】ページとしてこちらのブログにUPしています。

※記事、写真、イラストに関する全ての転用を禁止します
<< 二月博多座大歌舞伎・昼の部 【博多座】 | main | 水戸黄門 【博多座】 >>
ヨセフ・アンド・ザ・アメージング・テクニカラー・ドリームコート 【シャルロッテシアター】
韓国在住の妹のを訪問した際、私は【レベッカ】が観たかったのですが有名な俳優さんが出ていて人気公演らしくチケット難で諦めたところ、妹が「今、ミュージカルならこれを観てみたいんだよねぇ〜」と薦めてくれたのがこの作品。 ミュージカル【ヨセフ・アンド・ザ・アメージング・テクニカラー・ドリームコート】。 タイトル長い〜! ソウルのシャルロッテシアターで観てきました。 韓国では今年初めてライセンス上演中だそうです。 劇場前の大きな河は半分が氷が張ってて…小雪が舞ってました! やっぱ韓国の冬は寒〜い!しんしんと冷える〜!

ミュージカルの巨匠アンドリュー・ロイド・ウェバーとティム・ライスが初めて合同作業をした記念碑的なこの作品は、日本では2011年初の来日公演期間中に東北地方太平洋沖地震が発生した影響で、予定されていた16公演中6公演を残して公演中止となったそうですね(作品も日本上演もその経緯も全く知らなかった!

当然、全て韓国語で歌っているので歌詞はさっぱり理解できませんが、日本公演時のサイトで予習した甲斐あって話しの流れには付いていけました。
実は聖書をベースとした物語に若干の不安がありましたが、舞台美術や構成が派手なので目に楽しくグイグイ引き込まれ見入ってしまい、カーテンコールは【マンマ・ミーア】のようなライブ的な演出に高揚感があり「あ〜、面白かった♪」と帰路に。 主演のイム・シワンさん@ヨセフは昨年、韓国ミュージカル界において新人賞を受賞した期待の新星らしくキラッキラ☆してました(多分、オペラグラスは持ってなかったので顔は判らん!雰囲気が) ストーリー・テラーの役割を担うキム・ソンギョンさん@司会者はクラシック調からゴスペル調まで様々な曲調を美しくパワフルに歌い上げお見事。 チョ・ナミさん@ファラオは足の短い小ちゃなプレスリー然とした登場のインパクトとキャラクターで笑わせ客席をあおるあおる〜♪ イ・ホングさん@ヤコブは…特筆すべきことはなく。

驚いたのは、カーテンコールでスタンディングオベーションかと思いきや立ち上がった観客がカメラでバシバシ撮影していた事! 韓国って…これってありなの? 上演中もおしゃべりや身を乗り出しての観劇が多く、ちょっとマナーに閉口した事はかなり残念。 でも楽しい観劇でした。
| akko-3 | ミュージカルおぼえ書き | 19:00 | - | - | pookmark |
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>



点取り占いブログパーツ




bolg index このページの先頭へ