blog index

博多ざ・んまい【おぼえ書き】

博多座観劇お役立ちサイト【博多ざ・んまい】の観劇レポートを【おぼえ書き】ページとしてこちらのブログにUPしています。

※記事、写真、イラストに関する全ての転用を禁止します
ソング&ダンス 60 感謝の花束 【キャナルシティ劇場】
この劇場で四季公演を観るのは、ほぼ一年振り。 ハマりにハマって馬鹿みたいに通った【Song&Dance2】を懐かしみ、そういえば【55Steps】は肩すかし感があったな(あくまでも自分比です!)と思い出しながらの観劇。
キャスト表を見ても知っている俳優さんのお名前が殆どナイ…。 いかに自分が四季観劇から離れてしまったかというその長さと、改めての団員の入れ替りの激しさを感じました。
構成やダンスは「あぁ、加藤敬二だ」という既視感のあるものでしたが、やはり“生の舞台の迫力”はイイ! 【55Steps】よりは好きでした。 今回はクラシックバレーがより焦点が当っているようで松島勇気さんが大活躍☆ もう幹部クラスくらいのダンサーさんなのにメインでバリバリ踊ってて指先まで動きがホント綺麗。

今回も思ったけど【ノートルダムの鐘】、やっぱりミュージカルが観てみたいなぁ。 名曲多いですよね! そういえば四季が日本語で上演しているのって女の子が主人公のものが多いですよね。 何かこだわりがあるのかな?
今回も客席連れ去りはあったんですねぇ。 【お洒落は私の切り札(アイーダ)】と歌っているわりには衣装がひどい…(客の分じゃなくてね)。 最後のお客さんが“小林幸子仕様”になるのは楽しかったです♪
【迷いつつ(アイーダ)】は男性ツインボーカルってのがすごく新鮮で印象に残りましたが、一番感動したのはシンプルな【愛せぬならば(美女と野獣)】。 改めて歌詞をかみしめて聴き入り心にしみてきました。
第二幕の“三木たかしメドレー”。 【煉獄のおいらたち(夢から醒めた夢)】の三人分はちょっと長過ぎたような〜。 賭場のゴザ、パースが付いている工夫に感心☆ 【ジョン万次郎の夢】はTV放映を録画したまま放ったらかしだった事を反省。 三木さんを偲んで…は分るけど、【ウィキッド】からとか、もっと他演からのを聴きたかったなぁ(事前に会員アンケート取ってましたよね?)
続きを読む >>
| akko-3 | 劇団四季おぼえ書き | 18:00 | - | - | pookmark |
リトルマーメイド 【四季劇場・夏】
ディズニー・シーの【マーメイドラグーンシアター】の上演を観た時、「これが丸々1本のミュージカルとして観れたら最高☆」と日本での上演を待ち望んでいた作品が、いよいよ今春、劇団四季で上演☆…とあらば、しかも“海もの”とあらば、早速観に行くでしょう!

私はディズニーのアニメ映画【リトルマーメイド】を観たことがナイので、いわゆるアンデルセン童話の悲しいラストとの違いを知らずにハッピーエンドにビックリでした! が「ディズニーだから王子様とお姫様はめでたく結ばれ末永く幸せに暮らしましたとさ」な訳ね、と納得。

今まで舞台でのワイヤーアクション…と言ったら、演者の数人が動く程度でしたが、舞台は海中。 殆どの役者がワイヤーで吊られていると言っても過言ではないくらい、あらゆるキャラクターが浮遊しながらのお芝居です(腰にひどくダメージがありそ〜う) 海底や岩場に足を着けている時も、水中に漂っている様を表現するため全身をグラインド(これが目に慣れるまですご〜く気になるっ!) アリエル達の髪は何故あんなソフトクリームみたいに尖ってるんだろう?と思っていたら…ガッテン!水中での表現なんですね〜。 と、あらゆるところに素材や形、動きに工夫がされてあって目にすごく楽しい!! キャラクターを(動きを)前面に出しているせいか、背景やセット自体はすごくシンプルな印象。
続きを読む >>
| akko-3 | 劇団四季おぼえ書き | 13:00 | - | - | pookmark |
サウンド・オブ・ミュージック (初日)【キャナルシティ劇場】
劇団四季の【サウンド・オブ・ミュージック】を観るのは今回が初めて。 これなら母も興味があるかも…と思って観劇を誘うも「私はジュリー・アンドリュースの映画が最高だと思っているから観なくてイイ」との事。 誘いがいのナイ人だ…。
この週末九州は豪雨に襲われ、福岡は朝から一度もやむ事のないくらいの雨で時折ちょっと怖くなるくらいの豪雨っぷりな時もあり…ですが、初日観劇して来ました♪ 入り口は例によって招待客用のデスクが出てて、それらしき人がい〜っぱい。 苦労して初日チケットを取った身としては良席確保出来なかった理不尽さを感じながらも、スポンサーが居なければ、福岡での上演も叶わないので…有り難うございます。 ロビーにはユリの香りでむせ返るほどおそろいの花スタンドがズラリ並んでて圧巻の光景。
キャスト表で確認すると予想通り、今や劇団の看板俳優のお二人九州出身の井上×芝コンビ。 トラップ家の子供達は、どんたく前夜祭で観たあの子達が(名前も顔も判別不可だけど)頑張ってるんだな♪って、ちょっと知り合いのお子さんが出るような感覚で楽しみに観劇に臨みました。

総括的な感想は『とにかく映画通り』と言った印象で、舞台ならではの演出や美術、衣装、照明などにおいて特筆すべき事はなかったけど、生歌というのはやっぱりイイですね(音楽はテープだけどさ)。 どれも耳に馴染みのある名曲ばかりですので、「あ!あの曲だ」という出会う楽しみが♪ と〜っても優等生的な作品ですし、名曲ぞろいですし…で、学校等の団体観劇や家族で…という客層が多いに見込めるので、動員を頑張って次回作の誘致を期待しています☆
続きを読む >>
| akko-3 | 劇団四季おぼえ書き | 13:00 | - | - | pookmark |
ユタと不思議な仲間たち 【四季劇場・秋】
2009年?に一部新演出になって初観劇…って事は気が付けば3年振りのユタ観劇とは自分にビックリ! 今回は昨年に引き続いての東北の被災地巡業の為の試運転と報告会的な短い期間での東京公演(…にしても客入り悪い) 実際、どこぞの公的機関のお偉いさん方っぽい集団の招待客がゾロリ。 2009年秋には物語のモデルとなった旅館・岩手県二戸市の金田一温泉【緑風荘】も消失してしまったんですよね…。 一度行って見たかったな〜、改めて残念。

♪タララ〜ラ〜ラ〜ラ〜 ラ・ラ・ラ・ラ〜♪な【オーヴァーチュア】が劇場に鳴り響くとスコーンと物語の中へ。 はぁ〜、あれだけ回数観てるのに3年振りになると懐かしく感じるのだなぁ…と、オープニングだけでちょっとウルッと。 上川一哉さん@ユタといじめっ子の皆さんはほぼお初でした(四季自体も久々の観劇) 上川ユタ、歌も踊りも全く心配がナイ“安心ユタ”なんですね。 容姿は“もやっ子”というよりは“気弱なおぼっちゃん”って感じですが…ラストの開脚ジャンプも上川さんだから?なのか復活してて、久々観れて嬉しかったです♪

わらし達は和田侑子さん@モンゼのみお初。 でもって超ラッキーな事に道口瑞之さん@ヒノデロです!!(ココからヒノデロonly語り) ちょ〜っと法令線が深くなったかな?くらいで相変わらず御見足とうなじと顔と仕草と…あ〜!もう全部キレイです☆ ただ【おれたちゃペドロ一家】のご挨拶では他のわらし達のを聞いている時の細かい演技が殆どなくなってて残念でした。 「足だって付いてるほうがイイんだわよ〜」の時、あんなドスンってシコ踏む感じでしたっけ? 青空教室で一郎にちょっとづつ近づいて膝に触れてウフッ♪〜膝枕で昼寝、ってのは、最初から隣にいて…手にちょっと触れてウフッ♪〜肩にもたれて座り寝に変ったんですね(どっちも可愛いけど) 

【鐘の音の輪にのって】の新演出。 ヒノデロはフライングしないんですね…。 「わぁお〜ん♪」と舞い上がって綺麗な御見足ラインを右に左に曲げながらお手振りが大好きだったので、ヒノデロ好きとしては寂しいなぁ。 …けど“鐘の音の和”に乗るって事がすごくイメージしやすい演出になってますね。 長者山に着いてフラフラになったユタが思わずヒノデロのお尻につかまって「キャッ!」と驚く萌えポイント追加で…う〜ん、フライングは帳消しにしてあげよう(←何様!)
続きを読む >>
| akko-3 | 劇団四季おぼえ書き | 17:30 | - | - | pookmark |
ウィキッド・千穐楽 【キャナルシティ劇場】
4月に開幕以来、約5ヵ月間の公演期間を経て本日千穐楽を迎えました。 四季専用劇場の時は入り口からロビーまで千穐楽仕様の飾り付けで開演前から気分が盛り上がったものですが、本日はいたって普段通り。
私は初日、5月(リハーサル見学含)、千穐楽と今福岡公演は計3回の観劇となりました。 が!本日の千穐楽を観て、もっと通っとけば良かったなぁ〜と思わされたほどの素敵な舞台でした(エルフェバが変わったら突発しようかと思っていたら…まさかの完走。グリンダは毎回違ったけど☆)

やはり何度観ても一幕最後の『自由を求めて』は、その迫力に押されますし、エルファバの決意に涙が出て震えます。 二幕後半『あなたを忘れない』、ここはいつもグッと来ますが、涙がこぼれたのは初めてでした! 二人の感情がものすごくこもっていてとても良かった☆

千穐楽特別カーテンコールは初めて観ましたが、ネッサとボックの仲睦まじい様が観れてすごく幸せな気分になりました。 フィラモンド先生も鳴き声じゃなくて、しゃべらせてあげたら良かったのに〜(言葉を取り戻せて良かったね〜的な) エメラルドシティ市民の衣装をじっくり観たいなぁ〜と常々思っていたけど、動きが激しくてなかなかチェック出来なかったので、一人ひとりじっくり観れたのは嬉しかったです♪ あと、常々「かかしの衣装なのは残念〜!」と思っていたフィエロが隊長コスになっていて(でも顔はドすっぴん)良かった、良かった☆ 江畑さん、エルフェバ完走ほんとにホントにお疲れさまでした(他にも完走のキャストは多いみたい?)

通常カーテンコールは例のごとく形式的な動きが果てしなく思えるほど繰り返されるだけで「もう勘弁してあげてもイイんじゃ…」と思うほど。 苫田さんが四季俳優には珍しい個性を出した弾けっぷりだったのには驚きました。 でもこれが自然な反応だと思うし、観ている側も楽しいんだけどなぁ。 

今福岡公演期間の平均入場率は80%だったそうで次回の四季公演も期待出来るようです♪
続きを読む >>
| akko-3 | 劇団四季おぼえ書き | 13:00 | - | - | pookmark |
美女と野獣 【四季劇場・夏】
初めての夏劇場観劇で、初めて大井町に降り立ちました。 劇場そのものは…昔あった大阪MBS劇場に似ている印象(っていわゆる四季劇場の造りなんだけど)で、「新しい劇場に来た」感が全く皆無。 団体観劇のグループがいくつもいて、劇場周辺やホワイエは恐ろしく騒がしいうえ、二階は節電の為薄暗いのに人がひしめきあっている様がなんたが異様な光景でした〜。

四季作品では…多分一番回数観ていると思われる“美女と野獣”ですが、観劇日を辿ると…2008年の広島公演・千穐楽以来、実に約3年振りの観劇だった事に「いつの間にそんな月日が経っていたの?!」と驚愕。 アンサンブルさんのお名前も初めてみる方ばかりの上、お目当てのキャストの登板はありませんでしたが、細部まで知り尽くした…と言っても過言ではナイ作品の久々の観劇を楽しみました♪

総括。 全体的に凄く早い!! 歌い出しとかセリフとか芝居のタイミングがなんだか全てが“巻き巻き”で進んでいるような…さっぱり余韻が残らない〜。 カーテンコールまでも間を置かずしてせわしなく連続される感じで。 一体どうしちゃったんでしょう??? しかしながら【Be Our Guest】【Human Again】ではコーラスの迫力にウルッと〜。 やっぱり良く出来た作品だ!
続きを読む >>
| akko-3 | 劇団四季おぼえ書き | 13:30 | - | - | pookmark |
ウィキッド 【キャナルシティ劇場】
福岡公演開幕以来2回目の観劇です♪
「初日の客席の賑わいがこのまま続けばなぁ…」と危惧していたど、本日は平日夜の部でありながら〜そこそこ客席が埋まっていた印象でホッ。 専門学校等の団体観劇も多かったようです。
エルファバ以外は主要キャストが変わっていて、特にグリンダは沼尾さんしか観たことがなかったので興味津々で観劇に臨みました☆

作品として、やっぱり凄く好きです【ウィキッド】!
一幕最後のエルファバの熱唱は必ずウルッときてしまいますし、二幕の…“悪い魔女として生きる事を決意”の熱唱の「フィエ〜ロォ〜!」では絶対ググッと心わしづかみされてしまいます。 江畑エルファバは真面目で一本気、不器用ながら熱い情熱を秘めている女の子を好演。 ますます凄みが増している印象でした。

私、他の演目でも山本さんと意識して拝見した事がナイので、グリンダを含めて「初めまして、山本貴永さん」です。 顔立ちが和風の方なので、あのブリブリしたガーリィな衣装やお姫様ドレスは、ん〜。 江畑エルファバと並ぶと“同い年・同級生・親友”と呼ぶにはかなり年上に見える印象。 北澤フィエロとの並びもしかり。 お芝居は愛嬌が薄く感じるので、前半の親友になる前のくだりはホントに意地悪な女の子にしか見えず(【キャンディ・キャンディ】のイライザみたい…例え古っ!)観客の気持ちがグッとエルファバ寄りになったような〜? しかし、グリンダか気持ち的に成長した後半は良かったです。 歌は安定☆ 「他の演目でも拝見してみたいな」と思わされた山本さんでした。

かな〜りお久しぶりの北澤フィエロとの再会です。 …って北澤さん自身、福岡公演の登板は約6年振りくらいだそうで。 前半の軽薄なおぼっちゃまぶりがイイです(と言ってもやっぱりフケたな、北澤さん)。 さすがの安定感でした。 
やっと許容のネッサに遭えたわ〜」と思えた勝間ネッサローズ。 …と思いきや総督になってからは「あら〜、あなたもやっぱり…」 どうしてあんな開口バリバリで不自然なセリフ回しになっちゃうんでしょうね…。
私、確信しました。 松下オズの魔法使いは苦手です。 エルファバが自分の娘と判明してからが特に「薄っ!怒!」 このキャラクターに対して怒りを覚えるのは正解なんでしょうけど…なんかなぁ〜。

今の所、手元にチケットはありませんが…閉幕前に大きなキャストチェンジがあれば突発観劇しそうです♪
続きを読む >>
| akko-3 | 劇団四季おぼえ書き | 18:30 | - | - | pookmark |
ウィキッド(開幕初日) 【キャナルシティ劇場】
昨春、福岡から劇団四季が撤退してから1年、キャナルシティ劇場とその名を変えた劇場に劇団四季が8月迄の期間限定で戻ってきました! まさか福岡で【ウィキッド】が観れるとは思っていなかったから、大好きな演目の上演にすっごく嬉しくて初日から行ってきました♪
ロビーにはむせ返るほどズラ〜リと花が並び、招待客と思われるスーツ姿の人がい〜っぱい。 今日のチケットを確保する段階で判っていたとはいえ…純粋な四季ファンが後ろの席で我慢しなければならないって…やっぱり納得出来ないぞ!! とは言え、満員御礼でひしめきあうロビーと客席を目にし「この賑わいがずっと続いてくれればイイのにね〜」と思ったり。

【ウィキッド】は東京開幕直後に電通四季劇場・海と昨年に大阪四季劇場で観劇してて、本日は3回目。 この巨大なセットは…福岡仕様になってたりするのかな?(この劇場は奈落が浅いらしく、よく“福岡仕様”に変更があった過去あり) 本日のキャスト、主役のお二人は前観劇時と同じ〜。
続きを読む >>
| akko-3 | 劇団四季おぼえ書き | 13:00 | - | - | pookmark |
エビータ・千穐楽 【福岡シティ劇場】
福岡シティ劇場杮落し公演の翌年の1997年、2作品目として上演されて以来の…福岡では実に13年振りの上演となる【エビータ】。 そしてこの度、本日の公演をもって劇団四季専用劇場としての役目を終えました
前上演作品の【クレージー・フォー・ユー】では衰退した劇場をなんとか立て直そうと奮闘する主人公で、今作【エビータ】は野心を持って挑んだが力尽きた主人公で…というのが、なんとも皮肉な巡り合わせ…。 
今公演が全7公演と発表され、東京では【サウンド・オブ・ミュージック】上演中…とあらば「こりゃ夫人、来るな」と思っていたら案の定。 野村さんが福岡の舞台に立つって…何年振りの事なんでしょう? 前作で加藤敬二さん、今作で野村玲子さん…と二大看板俳優(劇団によると看板俳優というのは居ないらしいが)の登板で劇団の本気度が伺えましたが“時すでに遅し”! 最期の華と散りました。

私自身【エビータ】は2005年の新演出となった時に秋劇場で観て以来久々の観劇で、福岡で観るのは初めて。 「セリフまでも全部歌だったっけ?!」っていう軽い驚きがありましたが、意外と演出や美術は覚えているもので記憶を辿りながらの観劇となりました。 常設劇場としてのシティ劇場最後の観劇という事と相まって、自分の気持ちも感極まるのかな?と思いましたが…残念ながら2005年に観た時の感動を越えるものではありませんでした。
続きを読む >>
| akko-3 | 劇団四季おぼえ書き | 13:00 | - | - | pookmark |
クレイジー・フォー・ユー 【福岡シティ劇場】
今年2月に発表した福岡シティ劇場公演中止の見直し、今後の存続に関してのお試し公演…っていうのでしょうか?その第1弾となる今作品が4月1日〜18日上演されました。 劇団の撤退が発表された際「この客席状況じゃ、残念だけど仕方ないかなぁ〜」と思っていたので、このお試し公演は微力ながら、友人・知人にも声をかけて劇場へ足を運びたいと思い…CFYは大好きな作品なだけあって、思いがけず3回観劇してしまいました♪ 

公演期間も短いこともありキャスト変更は全くなかったようで?(多分)加藤敬二さん@ボビー・チャイルド×木村花代さん@ポリー・ベーカーを投入してきたあたり“劇団の本気度”が伺えました。 加藤さんがこの劇場に立つ…って、一体いつ以来でしょうか?! 公演期間中、加藤さんがしっかりと福岡の状況を把握・報告するんだろうなぁ〜、とちょっと怖くもあり。 
初日、千穐楽はさすがに客席は埋まっていたものの、平均集客率はどのくらいだったのでしょう?(公表=57.8%) 平日の9日ソワレに行った際には「あら〜、あらら〜」な二階席でしたから…(2階S席は真っ赤で) でもって次回上演作品のチケット状況も芳しくないようで。 お試し公演でかろうじて繋がった首だったけど…な状況は悲しいけど明らかのような。

…と湿っぽい感想はこれまでとして、印象に残ったキャストについて。 

高倉恵美さん@テス 嬉しい福岡出身者登板! もう本当にスタイル抜群で綺麗でキレイで、高倉さんばっかり観ちゃいました☆ 高倉さんのテスっていつから演じられていたんでしょう? ここまでセリフのある、しっかりと芝居をしているお役は初めて拝見。 役柄のせいか?意外と声、低いんですね。 とにかく目が惹き付けられます〜☆

増本藍さん@アイリーン・ロス こちらも福岡出身。 増本さんは八重沢さん路線を着実に受け継いでいらっしゃいますね。 演出がそうなんでしょうけど、セリフの言い回し等もイイ意味でソックリ。 ただ…やっぱりクスッと笑える可愛らしさが不足気味でただただ怖い気の強い女性って感じ。 ランクへの求愛がものすごく唐突な印象がぬぐえない〜。

他は…西門宇翔さん@ハリー 実はゴンゾ(byユタと不思議な仲間たち)以外で、西門さんと認識して拝見したのが初めて。 私、あの顔が好きみたいです♪


※(追記)この感想を書きかけて放置していたら…“福岡撤退”が決定 冷や汗
続きを読む >>
| akko-3 | 劇団四季おぼえ書き | 13:00 | - | - | pookmark |
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>



点取り占いブログパーツ




bolg index このページの先頭へ