blog index

博多ざ・んまい【おぼえ書き】

博多座観劇お役立ちサイト【博多ざ・んまい】の観劇レポートを【おぼえ書き】ページとしてこちらのブログにUPしています。

※記事、写真、イラストに関する全ての転用を禁止します
三月大歌舞伎・昼の部 【新橋演舞場】
何故だか…帰りの飛行機の時間を間違ってチケットを取ってしまうというドジを踏み〜【山科閑居】の観劇半ばにて劇場を出で羽田へ挫折
故に【荒川の佐吉】のみ、おぼえ書き。


とんかち 荒川の佐吉
歌舞伎を観て、久々に泣きました。 お隣の方がお連れと「新歌舞伎にしては面白いわね」っておっしゃってて、大きく頷く〜。 多分、私、この演目も初観劇。 今月の演舞場は特にお目当ての役者も演目もなかったのですが、結果“初観劇”の演目が多く、すっごく楽しめました(自身のドジ除く) 

スリの言いがかりをつけられて舞台中央に転び出る芝のぶさん@町娘に「おっ♪」と喜んでいたら…アッという間に退場で涙。 
染五郎さん@荒川の佐吉は初役との事。 前半のチンピラ風情は無理してイキがっている感じの小物っぷりが伺え、父性が芽生えた人情部分では愛情と友情、仁義との間で揺れる様がとても良く引き寄せられました。 梅玉さん@成川郷右衛門との問答「強いものが勝つのか?」「勝つものが強いのか?」というのが耳に残るセリフでした。 寒空の下、乳飲み子・卯之吉を抱えて橋のたもとで咽び泣く姿に胸が締め付けられ印象的(この場で「おいなりさーん」って売り歩くいなり売りって初めて見た) 
木琴って先月の博多座で“歌舞伎では初めて見た小道具”と思ってたら、大きくなった盲目の卯之吉が使ってました(私が今まで気に留めてなかっただけで、定番の小道具?) 佐吉が息子としてとっても可愛がっている様、卯之吉が父して慕っている様がすごく伝わってきてニッコリ。 
それは亀鶴さん@大工辰五郎の好演が大きく作用している部分もあるかと。 も〜う、とにかく亀鶴さんが良かった!! 上方の役者さんというイメージが強かったので、ここまで江戸っ子風情がお上手だとは!という驚きと、腕のいい大工だった佐吉をいまだに慕って親子を助けている様に、佐吉の人となりががより引き立つと言いますか…。 この三人が力を合わせてそれなにり幸せに日常を送っているところにきて「あまりにも勝手では!」と憤りを感じてしまう福助さん@丸総女房お新申し出に佐吉と一緒に猛烈な憤りを感じてしまうのは、前段の三人の好演があってこそ!でしょうね。
錦吾さん@成川郷右衛門の親分も貫禄充分。 宗之助さん@極楽徳兵衛の若手チンピラ風情が◎(チラシに役名までは載らないのね)
雨音が太鼓ではなく“団扇に豆”でしょうか? バラバラとリアルだったのが耳に残りました。


にほんブログ村 演劇ブログ 歌舞伎へにほんブログ村
| akko-3 | 新橋演舞場おぼえ書き | 11:00 | - | - | pookmark |
三月大歌舞伎・夜の部 【新橋演舞場】
初めて“3階席左”というお席で観劇。 演舞場は“花道モニター”があるから大丈夫でしょ…と思っていたら〜どっこい!「観えない…」。 常に座席には半座りで身を乗り出して観劇…とかなり辛い体勢。 花道はモニターで観れるけど、そのちょい舞台寄りの下手の様子は全く見えず、こんな時に限ってやたらと下手での芝居がかった…。 失敗。


雪 佐倉義民伝
観たことあった認識でしたが、初観劇でした。 雪深い船着き場は底冷えのする寒さが伝わってくる空気感。 幸四郎さん@木内宗吾左團次さん@渡し守甚兵衛のやり取りは心で結ばれた主従関係が伝わってきて良かった♪ 左團次さんの“イイ人”って珍しいからか、たま〜にされると“胡散臭いな”と思う事が多いですが、今回はまったく感じられずとっても良かった☆ 農民を救う為、今生の別れを告げようと密かに帰郷した宗吾を迎えるのは福助さん@女房おさんと子供達の清貧家族。 幼い子が三人も…と思いきや、もう一人乳飲み子が居たとは! 久々に帰宅した父親に次男がベッタリ膝にだっこされているのなんともが微笑ましく「こんな可愛い4人の子供達を置いて逝ってしまう覚悟とは〜!!」と、不条理さを感じ過酷な課税を憎む宗吾と佐倉の農民と同じ気持ちになって見入りました。 金太郎くん@宗吾長男彦七のすがりのセリフは量も多いし大健闘! 「子供ってちょっと見ぬ間に、アッという間に大きくなってるわね〜」と親戚のおばちゃん感覚で見守る感じでした。 「家族の縁は一代のみ。もう二度と会わない」と家を後にする美術が素晴らしい☆ 長男彦七ひとりが外まで宗吾にとりすがり、他の家族は家の中から格子越しに涙で見守る…という、すごく心に染み入る演出で、辺り一面が銀世界である事も大きく作用していたかと。 【塗炭の苦しみ】=ひどく苦しい様泥や火の中にいるようなひどい苦しみ、という言葉を初めて知りました。   

彦三郎さん@松平伊豆守って、彦三郎さんを久々拝見し、あの朗々としたセリフ回しが耳に懐かしく感じました。 宗之助さん@稲葉丹後守、宗之助さんの立役は…こちらも久々!と思っていたら今月は立役のみのようで(ですよね?) 声、りりしくてイイですよね♪ で、幸四郎さん、良かったです。 どうしても苦手意識が先行してしまうのですが、このところ「あ、また幸四郎さん…」→「お!幸四郎さん、イイねぇ」が続いている私。 合う演目・合う役柄になれば、そこは!なんでしょうか?(生世話は…やっぱり)
続きを読む >>
| akko-3 | 新橋演舞場おぼえ書き | 16:30 | - | - | pookmark |
五月大歌舞伎・昼の部 【新橋演舞場】
お茶 敵討天下茶屋聚
この演目好きなんですが、あまり回数を観ていないし、珍しい通しという事で久々にイヤホンガイドを利用。 すると…会員カードがIC化されて残りの回数や、利用履歴が印字されなくなってしまったとは残念〜。 あの利用履歴って思い出になってイイんだけどなぁ〜。 カードの利用は頻繁じゃないので、残数が窓口じゃないと判らないの不便だなぁ〜、利用者にとっては改悪だなぁ〜、カードのデザインも可愛くないし〜。 愛用されている方、どうですか?…ってこれはすでに先月からだそうで、きっとひとしきり終わった話題なんでしょうね。

悪党ながら愛橋のある安達元右衛門と、悪の首領である東間三郎右衛門の魅力的な悪の二役を松本幸四郎が初役で勤める』『この二役を一人の俳優が演じるのは天保年間以来』という話題の舞台でしたが…結論「別に二役やらんでも…」 なんか、せっかくの通しなのに幸四郎さんの度々の登場に、人物相関図が混乱してきて物語の繋がりが解るどころか「かえって、よ〜解らん!」
今回、附け打ちがひどく耳障りに感じたのですが、これは湿度のせいでしょうか? すごく音が乾いている感じでなんだかカンカン響くだけで耳に不快でした(初めての経験)
続きを読む >>
| akko-3 | 新橋演舞場おぼえ書き | 11:00 | - | - | pookmark |
五月大歌舞伎・夜の部 【新橋演舞場】
歌舞伎座が閉場して、初めてのお江戸上がり。 故にあの建物がすっかり姿を消しているのを目の当たりにしたのも初めて。 ニュース映像を見たり、話に聞いたりはしてたけど…改めて大きな存在だったんだなぁ〜と、今更ながらしんみりして新橋演舞場へ。

梅 籠釣瓶花街酔醒
この演目、実は生の舞台では吉右衛門さん@佐野次郎左衛門しか観たことがなく“次郎左衛門=吉右衛門“な私。 今公演では明治時代から上演の絶えていた場面を百有余年ぶりに復活!…という事で観劇決定☆
で…芝居が進むにつれてなんか違和感。 ん?んんん?…「そうだった!歌六さんと歌昇さんって播磨屋になったんだ!」  昨年、新橋演舞場【秀山祭九月大歌舞伎】からの事で激しくもう今更な話題なんでしょうけど、播磨屋さんのお二人を拝見するのは私、これが初めて。

珍しい通しでの上演。 幕開きは松林でうたたね→夢落ち〜。
段四郎さん@佐野次郎兵衛が、乞食に身をやつした元・妻?現・妻?の歌江さんを非情にも斬り殺す様があまりにもあっけなく驚き! 自分の奥さんがそんな状況に居る事をどうも思わないのかよ…ってこれでキャラクターが解りやすくもあるのでしょうけど。 あんまりだ!(久々力強い感じの歌江さんを拝見したのでアッと言う間の退場に涙)
秀太郎さん@高松安之進妻おとし壱太郎くん@娘お千代の母娘はそんな綺麗な格好で、こんな時間にこんな場所を通るなんて…盗賊に襲われる率100%だろ!
雲助の皆さんはいつも思うけど…ホントに臭ってきそうなくらい汚い。 これって衣装さんや床山さんの手数がかえってかかるような気もしますが、どうなんでしょう? 歌六さん@都築武助はめっちゃ弱々しいのがツボに入る〜☆(最近は矍鑠とした老人ばかり拝見してたので新鮮)
続きを読む >>
| akko-3 | 新橋演舞場おぼえ書き | 16:30 | - | - | pookmark |
五月大歌舞伎・昼の部 【新橋演舞場】
 金閣寺
葵太夫さんの髪型が変わっていた!! センター分けではなく、色もグレーに。 「私、そんなに歌舞伎の舞台観てなかったっけ?」と思うくらい、お弟子さんしかり、お囃子さんしかり、イヤホンガイドの解説者しかり…初めて目や耳にする方々が多い印象。 私、歌舞伎観劇がかなりご無沙汰だったようです冷や汗

吉右衛門さん@松山大膳は、国崩し+色気があって「さすがだなぁ〜☆」と雰囲気に呑まれながらウットリ。 なんでも東京では今公演が初めて演じるとの事。 「でっけぇ〜!」
芝雀さん@雪姫の“爪先鼠”は人形振りにて。 口上が入り、髪飾りも特有のものでカクカクと動く様に合わせてチラチラ☆キラキラと揺れて可愛らしい☆ 足は…裾の部分が袋状になっていて、そこに突っ込んで?いるんでしょうか?! 人形という事で全く足先を見せない工夫なんでしょうけど…不思議。 足さばきはホントに足遣いの人が動かしているような見た目で見事でした!! しかし本来なら足音を鳴らす足遣いさんは下手に腰に手を当てて一人客席にお尻を向けて下手に立ちダンダンと踏みならすんですね! 今まで人形振りは何度も観ているけど…皆こういうスタイルでしたっけ? 芝雀さんだからえらく注目して観てしまった故の気付きかな? 動きが派手だから活発な姫様にみえた印象もって…。 特に井戸端に腰かけてコックリするのは可愛くて面白い♪
花吹雪が大量すぎて、汗が流れる姫のお顔に何枚も張り付き、パッカリ抜いた衣紋の間には積もる積もる〜汗 お疲れさまでした…と言いたくなりました。
続きを読む >>
| akko-3 | 新橋演舞場おぼえ書き | 11:00 | - | trackbacks(0) | pookmark |
五月大歌舞伎・夜の部 【新橋演舞場】
五月の演舞場が吉右衛門さんの責任公演になってから、おそらく欠かさず観ている(多分)私。 今年も楽しみに足を運びました♪
今回昼夜観て思った事は「年数を重ねて一座としてのチームワークが整った」って印象を強く受けました。


よつばのクローバー 鬼平犯科帳【狐火】
歌舞伎版となった鬼平は上記の理由で全て観ているけど…今回はお頭の活躍が少ない印象なんですが…ご覧になった方、いかがでしたか? 「鬼平は皆さんすでにご存知でしょうから…」という事が大前提で話が進むような、ちょっと不親切な感じ受けました。

錦之助さん@兄・又五郎染五郎さん@弟・文吉は、父親が殺しはしない情けある盗み働きをする【狐火】。 その教えを受け継いでいる兄と、兄の存在を疎ましく思い、父の教えに背き殺しをもしてしまう盗み働きしてしまう弟の葛藤を中心に描いた世話物。 今回は染五郎さんの好演キラリ☆で、密偵の段四郎さん@彦十歌昇さん@粂八歌六さん@源七は安定。
続きを読む >>
| akko-3 | 新橋演舞場おぼえ書き | 16:00 | - | trackbacks(0) | pookmark |
新秋九月大歌舞伎・夜の部 【新橋演舞場】
こちらも同じく12月に書いております…冷や汗
観劇記録、観劇記録〜φ(..;)


青りんご 加賀見山旧錦絵
昼の部は歌舞伎座で奮闘していた亀治郎さんが演舞場かけもちで夜の部はお初。 亀治郎さん@お初の初役時、拝見しましたがそれ以来二度目…というのが意外でした。 あの時は翫雀さん@岩藤がお目当てでしたが、最後は亀治郎さんが全部持ってっちゃった〜という強烈な印象が残ってます汗
今回も…あくまでも個人的な感想ですがやっぱり“出しゃばり感”が否めなかったです。
時蔵さん@尾上vs海老蔵さん@岩藤は…時蔵さんの“儚気で品ある悲壮感”が素敵でした♪


おばけ 色彩間苅豆
これが打ち出しだと…劇場を後にする足取りがいつもど〜んよりします冷や汗 セットが大掛かりだからか? この演目って何故かしら夜の部最後、って事が多い印象なんですが…どうでしょう?

海老蔵さん@与右衛門亀治郎さん@かさね
海老蔵さんはホント色悪は似合いますね! 芝居で気になる所があっても、それをねじ伏せてしまうオーラ?なのかな…ありますね。 これが“スター性”ってもんでしょうか?
亀治郎さん@かさねは、最初から怖かった汗 ねっとりとした女の情念みたいなものが立ち上ってる感じで、出の恋しい人を慕って追いかけてきた若い娘の初々しさが感じられなかった汗
「亀治郎さん、あなたが上手いのは分かったから」「もう分かってるから…」と言いたくなる“どや顔”のかさねでした汗
| akko-3 | 新橋演舞場おぼえ書き | 16:30 | - | trackbacks(0) | pookmark |
新秋九月大歌舞伎・昼の部 【新橋演舞場】
これ…12月に書いてます冷や汗
な〜んか気が乗らなくて放置して、気が付けば年末汗
もはや記憶も朧げなので観劇レポートは書けませんが、“個人の観劇記録”としてUPしときます。 


日の出 源平布引滝
   ★ 義賢最期 ★ 竹生島遊覧 ★ 実盛物語
ファンでなくとも…海老蔵さんの【義賢最期】と聞けば観る前からワクワクし、期待通りのヴィジュアルの美しさに満足。 芝居は…ん〜、あまり特筆する記憶が残っておらず〜。
【竹生島遊覧】は初めて観た…はず。 面白かった! けど…具体的な記憶が〜冷や汗


花 枕獅子
時蔵さん@傾城弥生後に獅子の精に、松也くん×梅枝くん@禿
この二人の並びの女形って六月博多座大歌舞伎で観たばっかりで印象が強かったけど、やはり梅枝君の“儚気美人さん”に見とれました。
しかし「父と息子、揃って女装して共演って…どうよ?!」とフト思ってしまう私は、まだまだ未熟者ですな汗
| akko-3 | 新橋演舞場おぼえ書き | 11:00 | - | trackbacks(0) | pookmark |
五月大歌舞伎・夜の部 【新橋演舞場】
おばけ 通し狂言 東海道四谷怪談
演目が発表された時「絶対観た〜いっっっ!!」「楽しみ〜っ☆」と大興奮したものの…チケット発売日に取りそびれてしまい汗…「そのうち戻りのチケットが出るさ〜」と遠征間際までWEB松竹をチェックしてましたが、希望の座席は戻らず〜悲しいで、予算オーバーのお席で観劇。 とにかく人気公演でしたね〜♪

意外にも…吉右衛門さん@民谷伊右衛門、福助さん@お岩様、両者初役との事! 実は私、生の舞台で今作品を観たのは橋之助さん×勘三郎さんが唯一なので、比較がそれだけ…となるのであしからず。
今公演では【仮名手本忠臣蔵】の世界を用いた外伝という位置付けと、“鼠”というモチーフがそこかしこにあしらってあるという事がよく解った舞台でした。 なんたって今年は子年であり、福助さんは年男、季節もピッタリ〜で絶妙のタイミングでの上演です。
お話の舞台は四谷であるから【甲州街道四谷怪談】と本来ならばなる所を、【東海道四谷怪談】としたのは『このお話はフィクションです』っていうメッセージを鶴屋南北がこめて付けたタイトルだそうですね(今回イヤホンガイドの解説で初めて知った次第汗


よつばのクローバー 吉右衛門さん@民谷伊右衛門
スッキリとした冷酷な二枚目で、15、6才の乙女(伊藤家娘・お梅)が一目でポ〜ッと熱を上げてしまうほどの色男…という感じには遠く“色悪というよりは実悪”な印象の、どっしりとした大きさを感じる悪者ぶり。 このお話の伊右衛門とお岩様って…年齢設定はどのくらいなんでしょうか? 民谷伊右衛門には“キレる若者”ってイメージが私はあるので、吉右衛門さんには“もっさり感”が気になりました汗(あくまでも個人的な感想) 冷酷無比でカミソリの刃のような…触ればシュッと切れてしまうような鋭利な鋭さと狡猾さはなく…“大親分”というような太い印象を私は受けました。
続きを読む >>
| akko-3 | 新橋演舞場おぼえ書き | 16:30 | - | trackbacks(0) | pookmark |
五月大歌舞伎・昼の部 【新橋演舞場】
今回の遠征は…近年稀にみる“キツキツ詰め込み観劇遠征汗 3泊4日の上京日程を確保する為、直前まで…これまたキツキツ詰め込み仕事で、バッタバタ〜。 故に危惧していたけど…予想通り「せっかく頑張ってやっと観に来れたのに、なにやってんのよ?!私〜悲しい」という気絶っぷりの昼の部。 遠征一日目の本日は新橋演舞場に缶詰。 昼夜入れ替え時に“眠眠打破”をグビッと服用して眠気撃退!…のはずが、あんなに楽しみにしていた夜の部【東海道四谷怪談】も、どうやら断片的に観てないところがある模様汗

新橋演舞場の【五月大歌舞伎】の筋書きって…今年から歌舞伎座と同じサイズに小さくなっちゃたんですね。 筋書きって観る度買う事はナイけれど、何故かしら今公演は毎年購入しているんで…大きさがバラバラなのは困る〜汗
で、巻末の子役紹介で、須田あす美ちゃんが掲載されていてビックリ〜びっくり あす美ちゃんは歌舞伎だけでなくミュージカル、芝居と博多座では常連の福岡の子役なんですが…お江戸にまで上がって舞台に立っていたとは初めて知りました。 これって、もうかなり前からなんでしょうか? す、凄いなぁ〜(確か同じく博多座常連子役・森山優里ちゃんも歌舞伎座への舞台出演済み) 東京だったら…それこそ劇団に所属している子供とか沢山いるだろうに、わざわざ博多くんだりから〜、って二人とも凄いです拍手
しか〜し! そのあす美ちゃんの役はWキャスト。 昼の部【一本刀土俵入】の娘お君なんですが…私が観たこの日があす美ちゃんだったか否かは不明。 あの聞いたことがある愛らしい声と目の細さはそうかなぁ〜とも思ったけど…確信は持てず〜汗
続きを読む >>
| akko-3 | 新橋演舞場おぼえ書き | 11:00 | - | trackbacks(0) | pookmark |
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>



点取り占いブログパーツ




bolg index このページの先頭へ