blog index

博多ざ・んまい【おぼえ書き】

博多座観劇お役立ちサイト【博多ざ・んまい】の観劇レポートを【おぼえ書き】ページとしてこちらのブログにUPしています。

※記事、写真、イラストに関する全ての転用を禁止します
博多座文楽公演・昼の部 【博多座】
竹本義太夫300回忌】【近松門左衛門・生誕360周年】の今博多座公演。 昼夜ともに近松作品でしたが、やはり油が観たい!って事で昼の部のみ観劇して、本年の観劇納め。
虫干しがてらに着物を着て行ったのですが、舞台がはねて博多座を後にすると…結構な土砂降り。 洗える着物にしといて良かった…。 帰宅後、洗濯機に直行!でした。

松 文楽を楽しもう
豊竹靖太夫さん解説。 これから観劇する演目のあらすじをツラツラと。 なんの笑いの要素もヒネリもなく淡々と舞台中央で棒立ちで語るのみ。 以前の人形や太夫、三味線の実演解説ならともかく、これって…必要? 昼の演目は共に人形遣いさんの運動量が半端ナイなぁ〜と感動☆


刀 女殺油地獄
この演目って文楽と歌舞伎、どっちが先にお芝居として上演されたんでしょうか?
吉田和生さん@お吉の子供って3人居たんだ?! 「帯解いて〜、へべ脱いで〜」って言うあのお嬢ちゃんだけかと思ってた! お吉と与兵衛の浮気現場か?と色めき立つ吉田玉也さん@豊島屋七左衛門にやはり笑いを誘われる〜♪
桐竹勘十郎さん@河内屋与兵衛の…とにかく、どうしようもないクズ男な感じ(チンピラ風情)がちょっとした動きの隅々に出ていて「なんでこんな男の我がままに善良な人々が不幸になってしまうのよ〜!」と理不尽さに憤り倍増。 しかも!筋書きに『その後のお話』が紹介されており、これは初めて知ったのですが「クズ過ぎるだろ、与兵衛!」 本当の悪党というのは存在するんだなぁ…と思ったり。
最大の関心事『殺し場の油はどう表現するのか?』 もちろん液体が使用される事はありませんでしたが、油でつるつると足元が滑る表現には「おぉ〜っ!」と客席からどよめきが出るほど見事。 人形遣いの3人の連携がこれほどスピーディーで見事な動きは感嘆の連続! シュルリ〜ツルリ〜と凄いフリ幅でスライドする人形は観客は楽しいけれど、人形遣いさんは相当な運動量だろうなぁ〜。
いや〜、面白い! これは通って何度か観てみたかったなぁ。


蛇 日高川入相花王
これって顔がパカッと割れて鬼女に変るもんだとばかり思っていました。 舞台いっぱいはためく波幕の合間をバタフライなみのダイナミックな泳ぎで川を渡る豊竹清十郎さん@清姫。 黒い振袖から白い大蛇の衣装に早変わり〜という趣向でしたが、これは人形自体を交換する、って感じなんでしょうか? 
| akko-3 | 博多座おぼえ書き | 11:00 | - | - | pookmark |
アマテラス 【博多座】
玉三郎さん×鼓童】という公演は過去に何度も耳にしていましたが、興味がなく、今回の博多座公演がなければ決して触れる事がなかった舞台でした。
玉さん、鼓童を連れてきてくれて本当に有難う!』と強い感謝の気持ちが湧いてきた…感動の舞台でした。
カーテンコールは「劇団四季か?!」ってなくらいに繰り返され、うち2回は鼓童の演奏付きで(これが沖縄エイサーちっく)、しまいには「もうこれ以上どうしたらいいの?」とオロオロと戸惑って笑う玉さんや、女性(愛音羽麗さん)をエスコートする玉さん…という珍しい玉さんも見れて大満足(手首〜肘まで見ちゃった!綺麗…)。 まさか玉さんに「可愛い…」という感想を持つ日がこようとは〜。 

玉さんの舞踏公演は何度も拝見していますが、全て古典の歌舞伎舞踊だったのでアマテラスのような創作モノは初めて。 日本神話を題材としている“ザ・玉さんワールド”が全開の作品は、厳かで力強い☆ 
鼓童の石塚充さん@スサノオ、その荒れ狂う乱暴な様を長い布でアマテラスを絡め取り、色彩的にも美しい演出。 鼓童の人達って…太鼓だけでなく、ダンスも歌も演技も出来なきゃいけないんだなぁ、と『△鼓童=和太鼓 → ○鼓童=パフォーマンス集団』と認識を新たに。

一幕ラストに天の岩屋戸に身を隠したアマテラスを呼び出そうと、二幕は闇の中、鼓童の皆さんの怒濤の太鼓演奏が繰り広げられる。 スゴイ!スゴイ!俄然面白いっ! 太鼓だけで一体何種類くらいあるんでしょう? 笛や琴、鈴、鐘、ドラ、ガムランちっくな打楽器等を織り交ぜて「これでもか!これでもか!」の圧巻な演奏。 ちょっと映画【ドラムライン】のマーチング・バトルを思い出しました。 腹筋中の状態で叩くような、スクワットの途中で叩くような「太鼓を叩くって全身運動なんだなぁ」と驚かされる困難な体勢から繰り出す音とその肉体美にひたすら感動☆
愛音羽麗さん@アメノウズメ。 この踊りはKAZUMIーBOYさんが振付けされているそうですが…あえてそういう意図なのか?総体的にみると異質な印象。 ヅラが茶髪+キラキラ飾りだからか?白塗りメイクの愛音さんは大衆演劇の女形みたい…。
二幕ラストにアマテラスが岩戸からスススス…と出てきて光が甦って舞台上をニッコリ一周して幕、という玉さんの出番は、ほんのちょっとなんですが、それがかえって『光が戻って有り難う』という感じにも思えました。 

とにかく鼓童の皆さん、食わず嫌いですみません! 単独公演、機会があったら是非拝見したいと思います!
| akko-3 | 博多座おぼえ書き | 14:00 | - | - | pookmark |
レ・ミゼラブル(キム×川口) 【博多座】
まさか自分が今公演3回も観る事になろうとは〜、でソワレは今回のみ。 【Cafe song】やカーテーンコールにガブローシュが居なかった事で気が付きましたけど。

キャストの感想を…
キム・ジュンヒョンさん@バルジャン ん〜、私は四季時代、拝見した事があるのか?ナイのか? 【HOME】は聴いている方もキツかったですが、全体的には年齢の経過も伺えて今公演3人のバルの中ではそこは唯一に感じました。 なんですが〜『悪くはない…けど印象に残るものが何もナイ』という不思議な感じでした。

昆夏美さん@エポニーヌ 小さい、歌パワフル。 【On my own】は、寂しさよりも怒りを感じる強さでした。 マリウス、コゼットと並ぶとすごく年下に見えて一生懸命背伸びして「私を見て!」と全身で訴えている感じで健気さが伝わってくる。 プリュメ街で育三郎さん@マリウスにグルグル〜ってされた後、放り出させるのは…あんまりだ、マリウス。 昆さん、単体ではすごく上手い女優さんけど他とのバランスで難しく感じる事もあるのがもったいない! 

和音美桜さん@ファンテーヌ一番安定している印象。 そしてやっぱり強い女だった。
上原理生さん@アンジョルラスはラテンの血が流れている感じの熱い男ですね。 歌の上手さと力強さに思わず付いて行ってしまうそうな強烈なリーダーシップを感じる
谷口ゆうなさん@マダム・テナルディエはキュート。 福岡出身の28歳ってトコに驚き! グワッと大きく開いた飽満な胸元にポヨ〜ンとした柔らかさで(おやじ目線か!)「若いんだなぁ」と再認識。 パワフルな歌声とキャラクターに今後のご活躍が楽しみになりました。 同郷、応援していきます♪
続きを読む >>
| akko-3 | 博多座おぼえ書き | 18:00 | - | - | pookmark |
レ・ミゼラブル(福井×吉原) 【博多座】
チケット確保の際、キャスト表をにらめっこして熟考して購入したつもりだったのに…初日開いて気が付けば「福井さんが全然観られない!」という失態をやらかしていました!
加藤清史郎君も前回のエリザ博多座公演で観れなかったので『福井さんバルで清史郎くんが観れる日を』という事で本日のマチネ、立見してきました。
平日の昼間だというのに(自分もな!)立見は1列ズラリ。 夏休みって事もあるでしょうが、今公演は学校からの団体観劇も多いみたいですね。

本日の感想はキャストのみ…
今公演一番楽しみにしていたお二人の共演。 実は四季時代には共演を観たことがなく今公演が初めて。 感想は「残念ながら期待したほどではなかった」 でもカーテンコールでお二人が堅い握手でガッチリと抱き合うのを目にすると感慨深いものがありました。
福井晶一さん@バルジャン 福井さんを拝見するのは【アイーダ(旧:福岡シティ劇場)】のラダメス以来。 歌は流石に上手く安定している…けど予想外に【HOME】が全く胸に響いてこなかった。 観終わって感じたのは『福井バルは全く年をとらない』。 表情も一辺倒で終始険しくて時間の経過を伺えず、だから「まるで我が子です〜」という歌詞に父性(学生と同年代くらいに見えなくもなく)を感じられずHOMEが響いてこなかったようで。 瀕死状態のマリウスを担いで下水道を逃げた後のジャベとの対決、疲労困憊であんなデッカイ声が出る訳が〜。 死を待つシーンだけいきなりガクッと弱っていてひどく違和感でした。
続きを読む >>
| akko-3 | 博多座おぼえ書き | 13:00 | - | - | pookmark |
レ・ミゼラブル(吉原×川口) 【博多座】
博多座でのレミゼ公演は2004年、2007年、そして今年で3回目。 新演出の上演は初めてです。
映画の大ヒットを受けてか?前公演より格段にスター俳優が少ないキャスティングなのに、公演前からチケットの売れ行きがビックリするほど大好調のようです。 残念ながらコゼット役の青山郁代さんが、怪我により休演。

今公演では、私が一番四季を観ていた時期にメインキャストで多くの作品に出ていた吉原さんと福井さんを退団後初めて、しかも博多座で、同じ作品で、同じ役で拝見出来るという事を一番の楽しみにしての観劇。

新演出は簡潔に言うと『盆がなくなって両袖があり映像が使われている』。 今までは自分が想像で補っていたシーンが、映画のイメージをなぞるように「ココはこうでしょ?」とイメージの軌道修正をさせられている感じ。 完全に出来上がって安定の定番演出を一から造り替えるという作業は、素人でもものすご〜く大変な作業だったんだろうなぁと思わされました。 歌詞も一部変っていたり、増えていたり、「えっ?今どこから出てきた」「ん?何処で唄ってる?」など、以前の演出なら立ち位置も把握して登場を構えて観劇していたりしたので、“ウォーリーをさがせ”的にお目当てのキャストを探すのに忙しい。
続きを読む >>
| akko-3 | 博多座おぼえ書き | 13:00 | - | - | pookmark |
六月博多座大歌舞伎・夜の部 【博多座】
今公演は夜の部のみ観劇…という事で彌十郎さんを拝見出来ずに無念!


どんぐり 小栗栖の長兵衛
中車さん@小栗栖の長兵衛。 中車さんの歌舞伎、初めて拝見。 …というか生の香川照之さんを拝見するのも初めてのような。 “演技派”とよばれる器用な俳優さんでも、歌舞伎でのお芝居というのは独特で一朝一夕ではすごく難しいんだなぁ…と痛感させられた一幕。 危惧していた空気感よりも、新歌舞伎としてもセリフまわしの方が聴いていた辛かったのは意外でした。
でもって個人的には久々に博多座の歌舞伎の舞台で観た段治郎改め月乃助さん@堀尾茂助。 嬉しい、よりも寂しい気持ちでいっぱいに…(あんた5年前はスーパー歌舞伎で主役張ってたじゃないのさ!)


松 襲名披露口上
今公演は…残念ながら段四郎さん、猿翁さんが休演です。 四代目市川猿之助の襲名披露口上に、ご自身のお父様、そして伯父様が列座出来ないとは…なんとも寂しい事です。 並びは上手から…
秀太郎門之助寿猿猿弥彌十郎藤十郎猿之助中車笑也春猿月乃助笑三郎右近
手元に書面を用意して読み上げながらの紹介は初めて見たよ、藤十郎さん! 彌十郎さんの「猿翁のお兄さんに付いて20年勉強をした」というお話しに、その頃の舞台をもっと観たかった!と悔やみ、寿猿さんの「澤瀉屋で50年」という言葉に感嘆し「どうぞ末永くお元気で」と強く思いました。 そして私が知らなかっただけなのですが、秀太郎さんの澤瀉屋さんとの、先代の猿翁さんから続く長く濃いエピソードに大変驚き、改めてこの席にご本人が居ない寂しさを感じました。 そして中車さん、ご自身の息子・團子くんと親子で歌舞伎の世界に飛び込んだ並々ならぬ決意の様を痛いほど感じ「團子くん、こりゃ大変だぁ」と思った口上でした。
続きを読む >>
| akko-3 | 博多座おぼえ書き | 16:45 | - | - | pookmark |
女たちの忠臣蔵 【博多座】
橋田壽賀子と石井ふく子! この二人の強力タッグは“日本人のDNAに訴える何か強大な技”を持っているに違いナイ!…と思わされた今公演。 生の舞台でこんなにも号泣したのは、それこそ博多座公演【唐人お吉】以来(この時は鳴き過ぎてコンタクトレンズを流して紛失)。 恥ずかしくなるほど嗚咽を止める事が出来なかった!(隣席の女性も同様でしたけど)
この舞台、見逃した方! 損したかもよ〜?(博多座の観客動員数は良くなかったらしい)

キャストは博多座初お目見えの高島礼子さんをはじめ豪華ズラリ☆ テレビドラマ後の舞台化、という作品らしいのですが、舞台は生なのにナレーターが森光子さん…というのがひどく違和感を感じました。

個人的には、出産後舞台復帰された一路真輝さんを楽しみに拝見♪ 一路さんをミュージカル以外で拝見するのも初めてでしたが、改めて「お芝居の上手い女優さんなんだなぁ」と驚かされました! 佐野瑞樹さん@大石瀬左衛門一路真輝さん@姉・つねは目が不自由なで弟を生き甲斐としている女性を儚気に健気に表現され、他にも何人かの女性の悲しみが演じられますが、この姉×弟の、姉弟愛のエピソードが私的には一番涙を搾り取られました! ラストの自害では、後ろの屏風に血飛沫がドバッと!かと構えていたら暗転で…アラッ?  

高島礼子さん@大石内蔵助の妻・りく×西郷輝彦さん@内蔵助東新良和さん@主税。 こちらでは夫婦、母息子の愛情で泣き、藤田朋子さん@大工の娘・しの×松村雄基さん@磯貝十郎左衛門は悲恋で泣き、熊谷真実さん@妻・りえ×丹羽貞仁さん@間十次郎は夫婦愛で泣き…も〜う、とにかく泣きっぱなしで、観劇後はグッタリ疲れていました。

いや〜、イイ舞台を観た!
| akko-3 | 博多座おぼえ書き | 16:00 | - | - | pookmark |
Endless SHOCK 【博多座】
前回の博多座公演以来の観劇です。 劇場も含め、演目の全体的な印象は前回と全く変らずで特記すべきことはありませんが、改めて「こんな大変な公演を昼夜、しかも何ヶ月間も、何年も継続している」という事に感嘆させられます。

今年はライバル役に屋良朝幸さん、オーナー役に前田美波里さん、リカ役にサントス・アンナさんが。
屋良さんは“ダンスの人・振付けの人”という認識しかなく、お芝居を拝見するのは初めてでしたが、個人的には前回の内さんよりコウイチに対する敵対心がより鮮明で解りやすく感じました。
前田さんはさすがの貫禄で、彼女が出る事によって“ブロードウェイ感”に説得力が出て、ショー・ビジネスの世界がより強く表現されている印象。
サントス・アンナは初めて拝見しましたが、笑顔がすごくキュートで舞台映えする方ですね。 今後の舞台でのご活躍が楽しみになりました。 

しかし…「コウイチ!」と名前が呼ばれる度に、ものすご〜く恥ずかしくなるのは如何ともし難い!
| akko-3 | 博多座おぼえ書き | 18:00 | - | - | pookmark |
水戸黄門 【博多座】
2011年末に第43部をもって放送終了した【水戸黄門】が博多座の舞台に! 私にとって【黄門様=東野英治郎さん】で、その頃(といっても再放送)のしか視聴した事がなく、【里見浩太朗さん=助さん】のイメージが未だ強い訳で。 
里見浩太朗さん@五代目・黄門様はこの舞台が初めて観た…と言っても過言ではないくらいなんですが『あの水戸黄門のあの名台詞・名場面を生の舞台で観れる』って事で観劇してきました。

お話の舞台はご当地九州・長崎を舞台繰り広げられるお馴染の勧善懲悪! ストーリーも舞台美術も演出も…特筆すべき事はなにもなく…なんですが、これが【ザ・定番=安心感】って事でしょうか? 率直に言えば「わざわざ舞台にしなくても…」な感じなんですが、『テレビでお馴染みのキャストが目の前で王道ストーリーを展開する』って事が、この【舞台・水戸黄門】の意義なんでしょう。 ん〜、ならば…生・由美かおるさん見たかったなぁ〜(デビュー当時から変らない3サイズってどんな人?!)
続きを読む >>
| akko-3 | 博多座おぼえ書き | 15:30 | - | - | pookmark |
二月博多座大歌舞伎・昼の部 【博多座】
週末とはいえ…博多座の歌舞伎公演で立見が出るとは〜!これは凄いことです。 大盛況でなによりです☆ 客席1階ロビーには勘九郎さんの博多人形、2階には飾り絵馬が展示されていて撮影スポットになっていますが〜とにかく凄い人・人・人でなかなか正面から撮影出来ませんでしたっ!

雪 吹雪峠
これは、新橋演舞場で下手袖席で観て、舞台の半分くらいガッツリと見切れてしまい涙を飲んだ苦い思い出のある作品(視界補足用モニターはあったけどね) 今回はドーンと真正面から見据えて観劇出来ました!
扇雀さん@助蔵孝太郎さん@おえんが恋人役って…珍しい!と思ってたら、今公演では夜の部【俊寛】でも…で、私このところ扇雀さんは女形ばかり拝見していた事に気が付きました。 梅玉さん@直吉の涼やかな声でバッサリと鮮やかに言ってのけば切れば軽快な耳心地♪ 助蔵とおえんが「私が!」「俺が!」と先を争って直吉にすがる様に、ドッと笑いが起こったのにはビックリ。 この演目、客席が湧く印象を持ってなかったので〜。 冷え冷えとした深い雪に客席もその温度が伝わって、三人のやりとりを静かに見守る感じでした。 孝太郎さんのこ〜ゆ〜感じの女房風情が年齢を経てより合ってきた印象を受けました。
でも…なんで襲名披露公演でこの演目をかけたんだろ?
続きを読む >>
| akko-3 | 博多座おぼえ書き | 11:00 | - | - | pookmark |
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>



点取り占いブログパーツ




bolg index このページの先頭へ