blog index

博多ざ・んまい【おぼえ書き】

博多座観劇お役立ちサイト【博多ざ・んまい】の観劇レポートを【おぼえ書き】ページとしてこちらのブログにUPしています。

※記事、写真、イラストに関する全ての転用を禁止します
九月大歌舞伎・夜の部 【松竹座】
待ちに待っていた【幸助餅】の再演と、翫雀さん@源義経という…私にはたまらない狂言立ての松竹座・夜の部に遠征してきました♪(岡村ちゃんのチケットが取れたのが大阪遠征の一番の要因ですが)


さる 華果西遊記
よ〜くかかっている印象ですが、観るのは久し振り。 
常磐津連中は上手に居並んでいましたが…前列一番手前の方「翫雀さん?」ってなくらい似ている方がいらしてビックリでした(どんだけ翫雀さんを早く観たいのさ!私)
沙悟浄って“ヒョロヒョロとヤセてて背が高い”イメージが勝手に自分の中にあって、猿弥さん@猪八戒との対照的な体格の違いもコミカル要素のひとつかと思っていたのですが…初めて拝見する弘太郎さん@沙悟浄は小さっ!
「苦しい時のサル頼み〜」って、この本って…右近さん@孫悟空に重きをおいて改訂(短縮?縮小?)されてますか? 以前はお供の三人が力を合わせて共に戦う立廻りだったように記憶しているのですが…悟空以外のキャラの活躍がすご〜く少なくて「あれ?」という印象(かつては二人宙乗りまであったのに)。 孫悟空の“分身の術”は健在なんですね♪ 12匹の可愛いお猿ちゃんたちが「キャッキャッ」と愛らしく踊る様にニッコリ。 どの子も細部まで躍りがバッチリ決まってました☆
笑三郎さん春猿さん@蜘蛛姉妹の、美女ツーショットってホント久しぶりに拝見しましたが…やっぱりお綺麗ですね。 階段でのWえび反りは凄かったです! 岩山にワラワラと姿を表した蜘蛛の手下が戦いを挑む孫悟空を芯にして8本の足を棒で表現したのに感嘆。 ラストは滝の糸が舞台幅いっばいにザッと降りて絵的に綺麗☆
しかし…段治郎さん、歌舞伎の舞台に立つあなたを私は何年間観れていないのだろう?
続きを読む >>
| akko-3 | 松竹座おぼえ書き | 16:00 | - | - | pookmark |
壽初春大歌舞伎・夜の部【松竹座】
昼の部に続いての観劇です…が、朝イチの新幹線の移動のツケがここにきて〜ショック


城 八陣守護城
初めて観る演目で楽しみにしていたのに…気絶。 一面海原で豪華で美しい大きな船に雛人形のように居並んで…の幕開きに目を惹かれたのですが、動きが少ないお芝居故か?…気絶。 故に感想は書けず汗 秀太郎さん@雛衣が可愛かった♪


鏡餅 吉田屋
お正月らしい…っちゃそうですが、もうなんか…成駒屋(山城屋)さんの吉田屋はお腹いっぱい、という感じがする演目の一つ。 と、言いつつも藤十郎さん@藤屋伊左衛門何度観ても、その可愛らしさに惹き付けられ、さすがだなぁ〜と思わされます。
歌舞伎役者さんで親子で恋人or夫婦って演じる事は珍しくありませし、なんの違和感も感じないのですが…多分、この親子の組合せが自分的には苦手みたいです(藤十郎さん×翫雀さんには違和感なし、むしろ好き♪)
続きを読む >>
| akko-3 | 松竹座おぼえ書き | 16:00 | - | - | pookmark |
壽初春大歌舞伎・昼の部【松竹座】
今年も恒例の『歌舞伎はじめは松竹座』って事で初遠征。
梅田芸術劇場【M!】と国立文楽劇場【初春文楽公演】の観劇も絡めて…の予定でチケットも確保していましたが、自分の大ボケのせいで“松竹座のみ”の観劇となりました〜悲しい


雪 土屋主税
翫雀さん@土屋主税が、とにかく観たかったんです〜!!! この演目って玩辞楼十二曲の内なのに、あんまり…しないですよね? 『年の瀬や 水の流れも 人の身も 明日待たるる その宝船』の唄の真意をあれこれ考えて〜ハッ!気付いてテンション↑〜目の前でくどくど愚痴をこぼす晋其角に辟易して〜寝たふり。 …とこの一連の芝居がと〜ってもラブリーでニッコリ☆ 正義を一点の曇りもなく信じる“愛らしいお殿様”って感じで、扇雀さん@侍女お園に対する情け深さも納得(扇雀さんは…熟女すぎて〜あの…) 

染五郎さん@大高源吾客席に背中を向けて、土屋主税に討ち入りの報告をするのは新歌舞伎ならではの珍しい演出だとか。 その報告を「それで?それで?」とワクワク表情で聴き入る土屋主税の表情と、見えないけれど誇らしく晴れ晴れとした表情であろう源吾の対比を想像しながら観れて面白かったです。

橘三郎さん@晋其角は源吾と10年来も付き合っていながら、その真意を見抜けなかったのかよ〜!という突っ込みと、手の平をかえしたような厳しい態度…そしてラスト松の木登り+滑り〜という、感情の起伏が激しいキャラクターを「なんだか憎めないよな〜この人」って思わせてくれる好演。 薪車さん@落合其月は劇画ちっくな堅物ぶりに笑えました。
続きを読む >>
| akko-3 | 松竹座おぼえ書き | 11:00 | - | - | pookmark |
壽初春大歌舞伎・夜の部 【大阪松竹座】
かんざし 七段目【祇園一力茶屋の場】
秀太郎さん@遊女おかる。 上方式はお着物が胴抜きなんでそうで、ん〜♪カワイイ☆ 翫雀さん@寺岡平右衛門との兄妹って…珍しい、ヒジョ〜に珍しい。 「お供が叶った♪」と喜ぶ様は「反応早過ぎっ!」と突っ込みながらも愛らしい(贔屓目です、ハイ) 壱太郎くん@大星力弥は、はんなり〜とした色気があってイイ。 眼福、眼福♪  実はこの段、一番インパクトあったのは…太夫さん(お名前失念!)がスキンヘッドになってた事! 一体いつ頃から…。

富士山 八段目【道行旅路の嫁入】
藤十郎さん@戸無瀬×扇雀さん@小浪×翫雀さん@奴可内…という関西成駒屋・親子三人の舞踏って近年では珍しいですよね! 常磐津舞踊にて。 母娘がセリ上がって来ると「あら?綺麗…」って、ホント今公演の扇雀さん、綺麗です。 拵えの市松模様の道中合羽は目にも華やか☆ 東海道を西に向かう様は背景の絵にも様々な工夫があって、松林がスライドINしたり、琵琶湖が…富士山が現れたり、花嫁行列が後方に通ったり(←NHK人形劇みたいだった)、最後に城が見えたり…と一緒に旅している気分になれて楽しい♪ ほろ酔いの戸無瀬が“娘踊り”をするのがなんともラブリーで、親子三人並べてまじまじと見てみても「藤十郎さん、一番若いかも?」ってな錯覚が〜。 翫雀さん@奴可内、似合うなぁ。 昼の部でも気付いてましたが…やっぱり、またちょっとふくよかに…ですよね?
続きを読む >>
| akko-3 | 松竹座おぼえ書き | 16:30 | - | - | pookmark |
壽初春大歌舞伎・昼の部 【大阪松竹座】
毎年恒例“歌舞伎はじめは松竹座”って事で2010年もやって参りました〜♪
演目が発表された時は「年のはじめに忠臣蔵って…汗」 しかし“上方ゆかりの俳優陣による上方演出”と聞けば、テンション急上昇↑↑↑ 上方式の通しは何年振りの上演なんでしょう? 私、初めての観劇です。 今回観て改めて『47という数字にこだわった』その数字が随所に散りばめられた演目なんだな、と思いました。

口上人形って…夜の部までぜ〜んぶ紹介するんでしたっけ? 考えてみれば通しの【仮名手本忠臣蔵】自体、久々の観劇だったので「あ、そうだった〜」と思い出す箇所も多々。 指、綺麗なのネお人形さん♪


巻物 大 序
左右に引き開ける上方式の幕は黒地で、上手に【大手】下手に【笹せ】という二つの文字が大きく配してあり、これは当時のご贔屓筋から送られた幕を模しているそうで。 そういえば幕のセンター開けも独特なちょっとづつ開ける方法でしたね。
藤十郎さん@高師直孝太郎さん@顔世御前を見て股間を押さえる…なんて露骨な演出はデフォルトでしたっけ? その助平親父っぷりが、その後のふてぶてしい憎らしさに輪をかける感じで面白い。 今公演、四役で奮闘の藤十郎さん…タフぶりにミョ〜に説得力があります(もう少し他の若手に役を回してあげればイイのに…と正直思いましたが〜) 進之介さん@足利直義って…口跡悪すぎで、何を言っているのか聴き取れナイ。 進之介さん、今公演ご出演はこの幕のみ、ってどうよ?!汗 翫雀さん@桃井若狭之助って珍しいなぁと思っていたら18年ぶりとの事。
続きを読む >>
| akko-3 | 松竹座おぼえ書き | 11:00 | - | - | pookmark |
寿初春大歌舞伎・昼の部 【松竹座】
花 鳥居前
なんだか…何故だかここ最近、頻繁に観ている印象の鳥居前。 
伏見稲荷の鳥居の赤が凄く鮮やかで、正月公演の華やぎにピッタリ☆
孝太郎さん@静御前は…というか、孝太郎さんの赤姫って久々に拝見した印象が。 なんか以前より色気が増しているようで、赤姫にしてはムンムンしているような気がしたのは私だけでしょうか?汗
狐翫雀
薪車さん@武蔵坊弁慶、ヒゲ濃過ぎます〜!青々です〜! 泣きに愛嬌が今ひとつ足りず、客席に笑いが起こらず残念。

翫雀さん@佐藤忠信実は源九郎狐は、意外や意外に初役との事。 やっぱりこの演目では個人的には翫雀さんは“king of 藤太”と思ってますから…そう言われれば、初めて観るわ、こりゃ♪
登場時から「わ♪コロコロ、丸々〜」「狐には見えな〜い」と、失礼な楽しみっぷりで拝見。
幕外、飛び六法の引っ込み…に、ファンとしてはちょっとウルッと来るものがありました
続きを読む >>
| akko-3 | 松竹座おぼえ書き | 11:00 | - | trackbacks(0) | pookmark |
寿初春大歌舞伎・夜の部 【松竹座】
日の出 通し狂言 霊験亀山鉾
国立劇場での観劇の興奮からはや7年も経っていたとは〜!という驚きが大きかったです。 もう、そんなに経ったの?! 私の年齢も+7才って事よね…間違いなく。 国立劇場での公演としては異例の大人気・大盛り上がりだったと聞く前公演でしたので、再演は早いと思っていましたが…7年ですかぁ。 そして関西では77年振り!だそうで、まさに幻の復活狂言!
棺桶からバーン
国立劇場って舞台写真が翌月の筋書きにチラりと入るだけだから、前公演時の写真は全く手元になく、とにかく火にかけられた棺桶から仁左衛門さんがバーンと登場したヴィジュアルインパクトに全部持っていかれて、他があまり印象に残っていないのが正直なところ汗 今回は曖昧な記憶を辿りながら「あ、そうやった、そうやった」という感じで観劇。

翫雀さん@掛塚官兵衛の愛嬌ある悪者ぶりが楽しい♪ 馴染みの扇雀さん@芸者おつまにデレデレして、他者とムキになって取り合う様など“小物のワルだなぁ”って感じがありありで笑えます。 お尋ね者の藤田水右衛門を自分と名乗ってみせ「水右衛門は鼻筋通って、目が鋭く、苦みばしったイイ男…いや、違うな!」飛脚に一蹴される様に爆笑。
続きを読む >>
| akko-3 | 松竹座おぼえ書き | 16:00 | - | trackbacks(0) | pookmark |
七月大歌舞伎・夜の部 【松竹座】
日の出 熊谷陣屋
最近やたら観ている印象ですが、松嶋屋+成駒屋のみの関西勢で演じられた今舞台は独自の部分もあって興味深く拝見
まず仁左衛門さん@熊谷直実の裃がすっごく奇麗で目を奪われました☆ 亀甲模様のベースのそれぞれの配色が“日本の伝統色”のカラーチップを散りばめたような…カラフルなんだけど渋い色合いでホントに奇麗〜♪ 胸元の家紋“向かい鳩”も金糸の刺繍で立体的で素晴らしい細工。 これはご自身で誂えたものなんでしょうね?

孝太郎さん@藤の局熊谷の陣屋に助けを求めて転がり込んで来る…というくだりは、私は初めて観たような。 この前置きがあるからこそ藤の局が突然姿を現して斬り掛かる〜という所が「あんた誰?」感がなくてイイですね。 

熊谷直実が我が子の首を三段まで持って進み出て、それを秀太郎さん@相模はよろめきながら立ち上がり、三段を途中まで上って受け…夫婦揃ってその首を持ちながら見つめ合い涙する所は、胸を締め上げられるような悲しさが伝わってきました。 こんなに長い時間、我が子の首を手にして嘆く相模は初めて観ましたし、納得できない無念さがより伝わってきましたし、忠実な家臣とはいえやはり愛情深い父親であった直実の我が子と別れ難い悲しみをこの時点でより鮮明に伺う事が出来ました。

藤十郎さん@源義経の「解った、そういう事にしておこう」という度量の深さに加え、直実夫婦の悲しみに深い哀れみと同情している様が伺え、何故かしら義経の表情を観て泣けてしまいました悲しい
これらの濃厚な芝居の中、我當さん@白毫弥陀六実は弥平兵衛宗清のセリフ回しだけが個人的にはちょっと浮いているように感じられたのが唯一残念。 着物は“南無阿弥陀仏”柄?なんですね。

『同じ演目でも役者が替わればこうも違う』という、歌舞伎観劇の楽しさを改めて知らされた…という感じでした。
              
              
続きを読む >>
| akko-3 | 松竹座おぼえ書き | 16:30 | - | trackbacks(0) | pookmark |
七月大歌舞伎・昼の部 【松竹座】
例年だと“夏に遠征”というのはあり得ない私ですが、今年は以前からすご〜く観てみたかったミュージカル作品が宝塚大劇場でかかる!という事で心が揺らぎ〜「あ、松竹座で歌舞伎やってるじゃん!」と気付きまして…決行!
数日前の7月8日に閉店した【大阪名物くいだおれ】の店先には、もはや“くいだおれ太郎”の姿もなく…いつも賑わう道頓堀がちょっと寂しく感じました悲しい

で、気がつけば私、図らずも…菊之助さん&亀三郎さんは5月より三ヶ月連続、橘太郎さんに至っては4月より四ヶ月連続の観劇となったのでビックリ! まるで追っかけみたい〜汗(橘太郎さんはファンですけどネ)


植物 春調娘七種
先月の博多座も菊之助さん@曽我十郎祐成松緑さん@曽我五郎時致で拝見しているので、なんだか続きを観ているような不思議な感じ汗(拵えも全く同じだし)
歌舞伎を観ていると「何故この季節にソレなんだ?!」と季節感を全く無視した演目がかかるのが常日頃なんとも不思議に感じている私(夏に【紅葉狩】は拷問です!)。 日本の伝統芸能=四季の移ろいを楽しむ…みたいな、四季がある国だからこ今の季節を楽しむ=風流(=贅沢・娯楽)、かと思ったり…。 しかしそうなると演目がなおさら固定されちゃいますから…面白くナイんだろうなぁ〜汗
で、この舞踏は正月の七草粥の準備を…という設定。 孝太郎さん@静御前は、赤姫が頭に手ぬぐいを…って他では観れないですよね。 ひとりお澄まし姉さん、という感じでしたが…艶やかな一幕で、目が覚めました!


 第十四回【日本俳優協会賞】表彰式
幕間にいきなり式典が始まったのでビックリしました! 「今月は毎日あってるのか?!」と思いきや、本日たまたま…だったようですね。 式典の様子はコチラ
司会進行は鈴木治彦さん、プレゼンターは藤十郎さんと田之助さん。 受賞者の鴈乃助さん當十郎さんそれぞれに受賞の喜びをコメントされていた中、當十郎さんの十三代目さんとの思い出話にジ〜ンときちゃいました。


便箋 血判取
自分のあやふやな記憶を辿ってみても…多分、この演目は初見かと。
左團次さん@徳川家康は「老衰すると何事も忘却〜」「年を取っているので指の血が出ないから(んなバカな!)舌先を噛んで血判を…(怖すぎる〜!)」と、なんともトボケた、しかしその裏にはキラリと眼光鋭い百戦錬磨の軍略家“狸爺”その人!という感じですね。 左團次さんの将軍は目に珍しく、楽しく拝見♪ いつも気になるのは戦場の大将の履物。 毛皮のモカシンみたいな…あれって何って名前ですか? 
我當さん@木村長門守は、着物に香をたきしめる粋さを持ち合わせた華やかな若武者には…厳しかったなぁ汗進之介さん@郡主馬之助との組み合わせも一因あり?!) しかし緊迫している場のはずなのに、なんともゆる〜い雰囲気のやり取りが面白い演目なんですね。
亀三郎さん@井伊兵部亀寿さん@成瀬隼人正。 最近別々でのご出演が多くなっている亀ご兄弟を久々に並びで拝見。 松也くん@榊原越中守は…やはり最近は立役の方がキリリとして姿が良いように思います。 後ろにズラリと居並ぶ20名もの家臣は迫力☆ 


続きを読む >>
| akko-3 | 松竹座おぼえ書き | 11:00 | - | trackbacks(0) | pookmark |
第五回・浪花花形歌舞伎(第三部)【松竹座】
 お染の七役
2004年2月博多座公演以来の観劇。 愛之助さん@鬼門の喜兵衛はこの博多座公演時が初役であり今公演はその時以来二度目との事。 演目全体の印象として、博多座公演時は常にバタバタしている忙し〜い!という印象が強かったのですが、今公演ではそれを感じる事がなく驚きました。 鮮やかな替わりっぷりには全然慌てている様子が感じられず、純粋に「早替わりスゴ〜イ!」と裏方さんとのチームワークの良さを堪能。 正直、演目と配役が発表になった時「扇雀さんの七役かぁ…」と観劇を躊躇してしまった私。 ゴメンなさい 面白かった〜!

扇雀さん、初役での奮闘振りに拍手〜☆なのは言わずもがなですが、やっぱり立役の方が好き(綺麗)だな、と思っていまいました汗 芸者小糸はすごく厳つい感じで、何故この女に孝太郎さん@油屋多三郎(超ナヨナヨくん!)がメロメロなのか謎でした。 逞しい女性に惹かれるのか?!  土手のお六のふてぶてしさは充分なれど、もうちょっとはすっぱでアッケラカンとした感じがあれば良かったなぁと思いました。 

愛之助さん@鬼門の喜兵衛は…どうしても土手お六の旦那には見えなかった汗 二人のバランスなのかなぁ? 不敵な不気味さを強調する為か声が低くドスを効かせているので、セリフが聴き取り辛いのが難点。 この演目を観ると喜兵衛のセリフ「タニシの木の芽和えさぁ〜」がすご〜く耳に残るのは私だけ? 
番頭さんと鈴木さん
橘太郎さん@番頭善六薪車さん@鈴木弥忠太「目で合図、鼻で合図しているというに、いつもビンシャン!ピンシャンと〜」ってオウムが可愛いお二人ですが…“鼻で合図”ってどんなんよ? 橘太郎さんの愛嬌ある番頭さんはホントにラブリーですね! 大好き♪ 橘太郎さんの今公演へのご出演はビックリ嬉しかったです♪ 薪車さんは意表を突かれたお役でしたが堅物ぶりに可笑し味があって好演。

竹三郎さん@百姓久作のひょうひょうととながら確かな演技にハラハラと楽しい気持ちにさせられました。

ふぐに当たって仮死状態?になった扇一朗さん@丁稚久太。 お灸で生き返るとは「んな、馬鹿なぁ〜」というザ・歌舞伎に笑いながらも愛嬌たっぷりに好演。 今月27日には師匠・扇雀さんと福岡電気ホールで【第一回・若扇会】を開催する扇一朗さん(北九州市若松区出身)、応援してます!
| akko-3 | 松竹座おぼえ書き | 19:00 | - | trackbacks(0) | pookmark |
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>



点取り占いブログパーツ




bolg index このページの先頭へ